渋谷区の不動産売却査定相場を一戸建てからマンションまで紹介

日本を代表するエリアと言っても良い渋谷区は、不動産需要もとても高く取引も活発です。店舗やオフィスなどの商業地もあれば高級住宅街も高層マンションも多くあり、どのような場所でも人が多く集まります。

他に類を見ない特殊とも言えるエリアですが、それだけに渋谷区で不動産売却をする際には相場を調べておくことが重要です。今回の記事では渋谷区の不動産相場について解説していきます。

【完全無料】不動産の0円査定

あなたの不動産は今いくら?

【カンタン1分入力】完全0円で査定スタート!

渋谷区の不動産取引の現状は?

東京都渋谷区は東京23区の一つで、23区内のほぼ中央に位置します。日本を代表する繁華街でもあり、新宿や池袋と並んで三大副都心の一つです。渋谷駅周辺を始めとして、表参道や原宿、代官山などの商業地や、松濤や広尾などの高級住宅街、近年ではオフィスが増えている恵比寿など、誰もが一度は聞いたことのある有名なエリアが集中しています。ここでは渋谷区の相場や動向について見ていきましょう。

渋谷区の地価公示価格の推移

まずは、直近10年間の渋谷区の公示価格の推移を見てみましょう。

年度 公示価格(㎡単価) 前年比
2013年 242万2929円 ▲0.06%
2014年 256万1089円 3.48%
2015年 270万7205円 4.24%
2016年 290万7729円 5.73%
2017年 326万8176円 6.45%
2018年 362万0858円 7.03%
2019年 413万3816円 7.55%
2020年 445万7517円 5.99%
2021年 437万0229円 -1.34%
2022年 439万1275円 1.15%
2023年 453万0241円 3.54%

参照:国土交通省「地価公示価格」

渋谷区の地価公示価格の動向

渋谷区の公示価格は上記の通り毎年上昇をしています。2011年に約260万円だった土地単価が、2020年には約460万円になっているなど、金額も上昇幅もとても高いです。

このように渋谷区の不動産価格が上昇しているのは、日本を代表する商業地であるという知名度の影響が大きいです。店舗にしてもオフィスにしても、渋谷区の不動産を欲しい方は日本国内だけでなく世界中にいます。また近年は世界的な金融緩和の影響もあり、資金が不動産に向かいやすくなっていることも価格上昇の要因です。

商業地だけでなく、高級住宅街や高級マンションのニーズも高いのが渋谷区の特徴です。
渋谷区の人口は1965年以降は不動産価格の高騰を要因に減少していましたが、近年は都心回帰や職住近接の流れが進み増加が続いており、渋谷区の不動産価格の上昇要因のひとつとなっています。続いて渋谷区内におけるエリア毎の価格を見ていきましょう。下記の表は2020年度の渋谷区内のエリア毎の公示価格を高い順に並べたものです。

順位 エリア 公示価格(㎡単価) 前年比
1位 宇田川町 1863万3333円 8.93%
2位 原宿 1411万4000円 7.36%
3位 道玄坂 1329万6000円 7.96%
4位 新宿駅 1196万2000円 4.48%
5位 渋谷駅 799万8846円 7.09%
6位 表参道 712万8571円 5.85%
7位 外苑前 452万2000円 6.43%
8位 代々木 264万5000円 6.20%
9位 恵比寿 251万8818円 7.22%
10位 広尾 215万5000円 5.49%
24位 初台 119万0666円 5.28%
25位 幡ヶ谷 113万7500円 6.50%
26位 駒場東大前 103万6000円 4.12%
27位 東北沢 92万7833円 4.52%
28位 笹塚 74万5500円 4.31%

参照:国土交通省「地価公示価格」

渋谷区では全てのエリアで価格が上昇をしていることが分かります。特徴的なのが、価格の高いエリアと低いエリアの価格差がとても大きく20倍以上もの差があることです。このように渋谷区の不動産価格は特徴的であり、売却する際にはこのような特徴を押さえて売却することが大切です。

渋谷区の戸建てやマンションの取引価格は?

渋谷区のような不動産ニーズの高いエリアでは、物件の相場を確認することはとても大変です。エリアによる価格差も大きく、値動きも激しいためです。そのため物件の価格を決める際には、近隣の取引事例がとても重要になります。近隣の取引事例の価格をたたき台にして、売買価格が決まることも珍しくはありません。そのため渋谷区で不動産を売却する際には、近隣で行われた売却事例の価格は必ず確認しておきましょう。

実勢価格からみる取引価格

物件の価格は駅からの距離や物件の種類によって大きく違います。近隣事例を参考にする際は、出来るだけ類似した物件を参照するようにしましょう。居住用の物件の場合は、戸建てとマンションは必ず分けて確認することが必要です。

取引年 住所/最寄り駅 敷地面積 価格
床面積 築年数
2020年 東京都渋谷区西原 最寄駅/幡ケ谷駅6分 平成31年に建築の一軒家 土地60㎡ 延床85㎡ 19坪 7800万円
26坪 築1年
2020年 東京都渋谷区西原 最寄駅/幡ケ谷駅6分 平成31年に建築の一軒家 土地60㎡ 延床80㎡ 19坪 9100万円
25坪 築1年
2020年 東京都渋谷区千駄ケ谷 最寄駅/北参道駅3分 平成31年に建築の住宅 土地145㎡ 延床250㎡ 44坪 2.9億円
76坪 築1年
2020年 東京都渋谷区恵比寿南 最寄駅/恵比寿駅4分 昭和64年に建築の住宅 土地70㎡ 延床150㎡ 22坪 3.6億円
46坪 築31年
2019年 東京都渋谷区本町 最寄駅/初台駅11分 平成31年に建築の一軒家 土地60㎡ 延床80㎡ 19坪 7500万円
25坪 新築
2019年 東京都渋谷区本町 最寄駅/西新宿五丁目駅6分 昭和60年に建築の一軒家 土地45㎡ 延床65㎡ 14坪 4000万円
20坪 築34年
2019年 東京都渋谷区代々木 最寄駅/代々木八幡駅5分 平成18年に建築の一軒家 土地45㎡ 延床75㎡ 14坪 7000万円
23坪 築13年

参照:住宅価格ドットコムより抜粋

上記は渋谷区における戸建ての事例ですが、東京都の新築戸建て平均価格4,400万円に比べると改めて渋谷区の価格の高さが分かります。土地の広さも狭い物件も多いですが、それでも平均を大きく上回る取引価格の事例もあり、渋谷区の需要の高いことが確認出来ます。

取引年 住所/最寄り駅 専有面積(㎡) 価格
専有面積(坪) 築年数
2020年 東京都渋谷区代々木 最寄駅/南新宿駅3分 平成10年に建設のマンション(新築・中古) 70㎡ 6900万円
22坪 築22年
2020年 東京都渋谷区代々木 最寄駅/参宮橋駅5分 昭和59年に建設のマンション(新築・中古) 70㎡ 5800万円
22坪 築36年
2020年 東京都渋谷区本町 最寄駅/初台駅13分 平成14年に建設のマンション(新築・中古) 70㎡ 7000万円
22坪 築18年
2020年 東京都渋谷区幡ケ谷 最寄駅/幡ケ谷駅10分 平成29年に建設のマンション(新築・中古) 70㎡ 8500万円
22坪 築3年
2020年 東京都渋谷区代官山町 最寄駅/代官山駅2分 平成12年に建設のマンション(新築・中古) 60㎡ 1億円
19坪 築20年

参照:マンション価格ドットコムより抜粋

東京都の中古マンション平均価格は5,100万円となっていますから、戸建ての事例と同様に渋谷区ではマンションの需要もとても高いことが取引事例から分かります。

渋谷区の不動産を高く売るためのポイント!

渋谷区は日本を代表するエリアで、世界からも注目されるほど不動産需要の高いエリアです。そのため売り方次第では、相場よりも高く売ることも可能です。ここでは渋谷区で不動産を高く売るポイントを見ていきましょう。

複数の不動産会社に査定を依頼する

渋谷区の不動産はエリア毎の価格差も大きく、人気も高いだけに値動きも激しいです。このような特徴を押さえて売却出来る不動産会社に売却を依頼することで、高く売る事が可能になります。

渋谷区に詳しい不動産会社を探す際には、複数の不動産会社から査定を取るのが良いでしょう。査定や不動産会社の対応を比較することで信頼出来る不動産会社を見つける事が出来ます。

口コミ評判も!渋谷区の土地・不動産売却におすすめ不動産会社一覧

 株式会社エビス・リビング

本社所在地 東京都渋谷区広尾1丁目1-30
設立 2011年
免許番号 東京都知事 (2) 第92596号
特徴 社名の通り恵比寿周辺や広尾などに強い不動産会社。売買だけでなく賃貸の情報も豊富に取り扱っている。
口コミ 恵比寿駅周辺の物件に強い、地域密着の不動産屋さんでした。

株式会社ヴィダックス

本社所在地 東京都品川区西五反田1丁目11-1
設立  2010年1月26日
免許番号 東京都知事(3) 第91678号
特徴 五反田と渋谷に店舗を持つ不動産会社。渋谷区と品川区の情報に精通している。
口コミ 今まで行った不動産仲介業者さんの中で1番良い会社さんでした。すごく話しやすい雰囲気で、条件がある中でも良い物件を提示して頂き、友達も大満足です。

原宿不動産株式会社

本社所在地 東京都渋谷区神宮前1-15-1 VIA原宿1階
免許番号 東京都知事(1)第98309号
特徴 渋谷区の中でも原宿や表参道などに強い不動産会社。投資用物件なども取り扱っている。
口コミ 投資用不動産の相談をしましたが、親身に親身に対応していただきました。

渋谷区の不動産売却(不動産査定)のまとめ

日本を代表するエリアである渋谷区は、不動産需要がとても高く価格も毎年大きく上昇をしています。一方でエリア毎の価格差も大きく、土地単価で20倍以上の差が開いています。渋谷区で不動産を出来るだけ高く売るには、このような特徴を熟知した信頼出来る不動産会社に売却を依頼することがポイントです。

【完全無料】不動産の0円査定

あなたの不動産は今いくら?

【カンタン1分入力】完全0円で査定スタート!

エリア別不動産売却情報

各都道府県の最新不動産売却情報を随時更新しています。

不動産に関するご相談のみも大歓迎!

土地や不動産の売却に関するご相談や不動産に関するお悩みに不動産コンサルタントがお答えいたします。

お急ぎの方は、お電話での無料相談も受け付けております

03-6304-2731毎日 10:00 ~ 21:00