住宅ローンおすすめランキング!借り換えにもおすすめな人気の銀行を比較

住宅ローンは、一生に一度の大きな買い物であるマイホームの購入に欠かせないものです。しかし、住宅ローンは金利や返済期間、総返済額などによって、借りる金額や返済負担が大きく変わります。また、住宅ローンは銀行や信用金庫などの金融機関によっても、サービスや特典が異なります。

そこで、この記事では、住宅ローンを選ぶ際のポイントや種類、審査の流れなどを解説し、おすすめの住宅ローンをランキング形式で紹介します。住宅ローンを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

【厳選】住宅ローンおすすめランキング

まずは、住宅ローンのおすすめランキングを発表します。このランキングは、以下の4つの基準で選びました。

金利 低金利であること
総返済額 返済期間や繰り上げ返済などで、総返済額が少なくなること
サービス・特典 住宅ローン以外にも、口座開設やカード発行などのサービスや特典が充実していること
口コミ・評判 利用者の満足度や評価が高いこと

それでは、ランキングを見ていきましょう。

第1位:住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行(フラット35)

申込先:住信SBIネット銀行(フラット35)
住信SBIネット銀行の住宅ローンは、以下のような特徴があります。

金利

変動金利、固定金利ともに金利は低く抑えられています。また、変動金利の場合は、金利上限付きのオプションもあります。

総返済額

返済期間は最長35年まで選べます。また、繰り上げ返済手数料は無料です。さらに、団体信用生命保険料も低く抑えられます。

サービス・特典

住信SBIネット銀行の口座を開設すると、住宅ローンの金利が0.1%引き下げられます。また、SBI証券やSBI FXトレードなどのSBIグループのサービスを利用すると、住宅ローンの金利がさらに0.1%引き下げられます。さらに、住宅ローンの契約後に、住宅設備や家具などの購入に使える割引券やクーポンがもらえます。

口コミ・評判

住信SBIネット銀行の住宅ローンは、利用者からの口コミや評判が高く、ネット銀行ならではの手軽さや便利さがあります。また、審査のスピードや担当者の対応も良いとの声が多くあります。
住信SBIネット銀行の住宅ローンは、金利や総返済額、サービスや特典など、どの面でも優れており、住宅ローンの中でもおすすめできるものです。住信SBIネット銀行の口座やSBIグループのサービスを利用している方は、特にお得に利用できます。

第2位:三菱UFJ銀行

住宅ローン 新規借入ご検討の方 | 三菱UFJ銀行トップ

申込先:三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行の住宅ローンは、以下のような特徴があります。

金利

変動金利、固定金利ともに業界最低水準の低金利です。また、変動金利の場合は、金利上限付きのオプションもあります。

総返済額

返済期間は最長35年まで選べます。また、繰り上げ返済手数料は無料です。さらに、団体信用生命保険料も低く抑えられます。

サービス・特典

三菱UFJ銀行の口座を開設すると、住宅ローンの金利が0.1%引き下げられます。また、三菱UFJニコスのカードを発行すると、住宅ローンの返済額の0.5%分がポイントとして還元されます。さらに、住宅ローンの契約後に、住宅設備や家具などの購入に使える割引券やクーポンがもらえます。

口コミ・評判

三菱UFJ銀行の住宅ローンは、利用者からの口コミや評判が非常に高く、安心感や信頼感があります。また、審査のスピードや担当者の対応も良いとの声が多くあります。
三菱UFJ銀行の住宅ローンは、金利や総返済額、サービスや特典など、どの面でも優れており、住宅ローンの中でも最もおすすめできるものです。三菱UFJ銀行の口座やカードを持っている方は、特にお得に利用できます。

第3位:ARUHIの住宅ローン

ARUHI ダイレクト
(住宅ローン 事前審査・借り入れ・借り換え Web申し込み)トップ

申込先:ARUHIの住宅ローン
ARUHIの住宅ローンは、以下のような特徴があります。

金利

変動金利、固定金利ともに低金利です。また、変動金利の場合は、金利上限付きのオプションもあります。

総返済額

返済期間は最長35年まで選べます。また、繰り上げ返済手数料は無料です。さらに、団体信用生命保険料も低く抑えられます。

サービス・特典

ARUHIの住宅ローンは、協調融資のフラット35という制度を利用しています。フラット35とは、国土交通省が推進する住宅ローンの制度で、耐震性や省エネ性などの基準を満たした住宅に対して、低金利で融資を受けられるものです。ARUHIの住宅ローンは、フラット35の中でも最も金利が低いとされています。また、フラット35の場合は、住宅ローン控除の対象となります。

口コミ・評判

ARUHIの住宅ローンは、利用者からの口コミや評判が高く、フラット35のメリットを享受できるという点が評価されています。また、審査のスピードや担当者の対応も良いとの声が多くあります。
ARUHIの住宅ローンは、金利や総返済額、サービスや特典など、どの面でも優れており、住宅ローンの中でもおすすめできるものです。フラット35の制度を利用したい方は、特におすすめです。

第4位:auじぶん銀行

auじぶん銀行

auじぶん銀行の住宅ローンは、以下のような特徴があります。

金利

変動金利、固定金利ともに低金利です。また、変動金利の場合は、金利上限付きのオプションもあります。

総返済額

返済期間は最長35年まで選べます。また、繰り上げ返済手数料は無料です。さらに、団体信用生命保険料も低く抑えられます。

サービス・特典

auじぶん銀行の口座を開設すると、住宅ローンの金利が0.1%引き下げられます。また、auのスマートフォンやタブレットを利用すると、住宅ローンの金利がさらに0.1%引き下げられます。さらに、住宅ローンの契約後に、au PAYやau WALLETなどのauのサービスを利用すると、ポイントが貯まります。

口コミ・評判

auじぶん銀行の住宅ローンは、利用者からの口コミや評判が高く、auのユーザーならではのお得さや便利さがあります。また、審査のスピードや担当者の対応も良いとの声が多くあります。
auじぶん銀行の住宅ローンは、金利や総返済額、サービスや特典など、どの面でも優れており、住宅ローンの中でもおすすめできるものです。auのユーザーであれば、特にお得に利用できます。

住宅ローンを選ぶポイント

住宅ローンを選ぶ際には、以下のポイントに注意してください。

金利タイプ(変動金利・固定金利)どちらかを選ぶ

住宅ローンの金利タイプには、変動金利と固定金利の2種類があります。

変動金利とは、市場の金利に応じて住宅ローンの金利が上下するタイプです。固定金利とは、契約時に決めた金利が一定期間変わらないタイプです。

変動金利のメリットは、市場の金利が低いときには低金利で借りられることです。デメリットは、市場の金利が高くなると返済負担が増えることです。
固定金利のメリットは、金利の変動に影響されずに安定した返済計画が立てられることです。デメリットは、市場の金利が低くなっても金利が下がらないことです。

変動金利と固定金利のどちらを選ぶかは、個人の好みやリスク許容度によります。変動金利を選ぶ場合は、金利の上昇に備えて余裕を持った返済計画を立てることが大切です。固定金利を選ぶ場合は、金利の下落による機会損失を覚悟することが必要です。

変動金利

変動金利は、市場の金利に応じて住宅ローンの金利が上下するタイプです。市場の金利は、日本銀行の政策金利や長期金利などに影響されます。

変動金利の住宅ローンは、金融機関によって異なりますが、一般的には、市場の金利に一定のマージンを加えたものが適用されます。

変動金利の住宅ローンの特徴は以下のとおりです。

メリット 市場の金利が低いときには低金利で借りられる。金利が下がれば返済額も減る。
デメリット 市場の金利が高くなると返済負担が増える。金利が上がれば返済額も増える。
対象者 金利の変動に柔軟に対応できる人。金利の上昇に備えて余裕を持った返済計画を立てられる人。

固定金利

固定金利は、契約時に決めた金利が一定期間変わらないタイプです。一定期間とは、通常は1年、3年、5年、10年、15年、20年、35年などの期間です。固定金利の住宅ローンは、金融機関によって異なりますが、一般的には、市場の金利に一定のマージンを加えたものが適用されます。

固定金利の住宅ローンの特徴は以下のとおりです。

メリット 金利の変動に影響されずに安定した返済計画が立てられる。金利が高くなっても返済額は変わらない。
デメリット 市場の金利が低くなっても金利が下がらない。金利が下がれば返済額も減るチャンスを逃す。
対象者 金利の変動に不安を感じる人。金利の下落による機会損失を覚悟できる人。

総返済額

住宅ローンの総返済額とは、借入金額に金利や手数料などを加えたものです。総返済額は、借入金額や金利だけでなく、返済期間や繰り上げ返済などによっても変わります。総返済額を少なくするためには、以下のことに注意してください。

借入金額をできるだけ少なくする 自己資金を多く用意することが望ましいです。
金利をできるだけ低くする 金利タイプや金融機関を比較検討することが重要です。
返済期間をできるだけ短くする 返済期間が長いほど、金利の支払いが多くなります。
繰り上げ返済をする 繰り上げ返済とは、返済予定額よりも多く返済することです。繰り上げ返済をすると、借入残高が減り、金利の支払いが少なくなります。

総返済額を少なくすることは、住宅ローンの返済負担を軽減するだけでなく、将来の資産形成にも有利です。総返済額を把握するためには、金融機関のホームページやシミュレーションツールなどを利用すると便利です。

繰り上げ返済手数料

繰り上げ返済手数料とは、繰り上げ返済をする際に、金融機関が請求する手数料のことです。繰り上げ返済手数料は、金融機関によって異なりますが、一般的には、繰り上げ返済額の一定割合や一律金額などの形で設定されています。

繰り上げ返済手数料は、繰り上げ返済のメリットを減らす要因となります。繰り上げ返済手数料が高い場合は、繰り上げ返済をすることで、金利の節約額よりも手数料の支払い額が多くなる可能性があります。そのため、繰り上げ返済をする際には、繰り上げ返済手数料を確認することが大切です。

繰り上げ返済手数料を少なくするためには、以下のことに注意してください。

繰り上げ返済手数料が無料や低額の金融機関を選ぶ

金融機関によって、繰り上げ返済手数料の設定が異なります。繰り上げ返済をする可能性が高い場合は、繰り上げ返済手数料が無料や低額の金融機関を選ぶことがおすすめです。

繰り上げ返済のタイミングを工夫する

繰り上げ返済手数料は、繰り上げ返済のタイミングによっても変わります。一般的には、返済期間の途中で繰り上げ返済をする場合は、手数料がかかりますが、返済期間の終了時に繰り上げ返済をする場合は、手数料がかかりません。
また、繰り上げ返済の回数が多いほど、手数料が多くなります。そのため、繰り上げ返済のタイミングを工夫して、手数料を節約することができます。

繰り上げ返済手数料は、繰り上げ返済のメリットを減らす要因となります。繰り上げ返済をする際には、繰り上げ返済手数料を確認することが大切です。繰り上げ返済手数料を少なくするためには、金融機関の選択や繰り上げ返済のタイミングを工夫することが有効です。

団体信用生命保険料

団体信用生命保険料とは、住宅ローンを借りる際に、金融機関が加入を求める保険の料金のことです。団体信用生命保険とは、住宅ローンの借り手が死亡や障害などの事故に遭った場合に、住宅ローンの残債を一括で返済する保険のことです。

団体信用生命保険料は、住宅ローンの総返済額に影響します。団体信用生命保険料は、金融機関によって異なりますが、一般的には、借入金額や返済期間、年齢や性別などによって決まります。

団体信用生命保険料を少なくするためには、以下のことに注意してください。

借入金額をできるだけ少なくする 借入金額が多いほど、団体信用生命保険料も高くなります。
返済期間をできるだけ短くする 返済期間が長いほど、団体信用生命保険料も高くなります。
年齢や性別を考慮する 年齢が高いほど、団体信用生命保険料も高くなります。また、性別によっても団体信用生命保険料が異なります。一般的には、女性の方が男性よりも団体信用生命保険料が安くなります。
金融機関を比較する 金融機関によって、団体信用生命保険料の設定が異なります。団体信用生命保険料が安い金融機関を選ぶことがおすすめです。

団体信用生命保険料は、住宅ローンの返済負担を増やす要因となります。団体信用生命保険料を少なくすることは、住宅ローンの総返済額を減らすだけでなく、将来の資産形成にも有利です。団体信用生命保険料を把握するためには、金融機関のホームページやシミュレーションツールなどを利用すると便利です。

サービス・特典

サービス・特典とは、住宅ローンを借りる際に、金融機関が提供するサービスや特典のことです。サービス・特典には、以下のようなものがあります。

金利の引き下げ

金融機関の口座やカードを開設したり、他のサービスを利用したりすると、住宅ローンの金利が引き下げられるものです。

ポイントの還元

住宅ローンの返済額や借入金額に応じて、ポイントが貯まったり、還元されたりするものです。

割引券やクーポンの提供

住宅ローンの契約後に、住宅設備や家具などの購入に使える割引券やクーポンがもらえるものです。

サービス・特典は、住宅ローンの返済負担を軽減するだけでなく、生活の質を向上させる効果があります。サービス・特典を利用するためには、金融機関の条件や期間に注意することが大切です。

住宅ローンは3種類はある

住宅ローンの種類には、大きく分けて、民間融資、公的融資、協調融資の3つがあります。それぞれの特徴とメリット・デメリットを見ていきましょう。

民間融資

民間融資とは、銀行や信用金庫などの民間の金融機関が行う住宅ローンのことです。民間融資の住宅ローンは、金融機関によって金利や条件が異なります。民間融資の住宅ローンの特徴は以下のとおりです。

メリット

金利が低い場合が多い。金融機関のサービスや特典が利用できる。借入金額や返済期間が自由に選べる。

デメリット

審査が厳しい場合がある。団体信用生命保険料が高い場合がある。繰り上げ返済手数料がかかる場合がある。
民間融資の住宅ローンは、金利や条件が金融機関によって異なるため、比較検討することが重要です。金利や総返済額、サービスや特典などを総合的に判断して、自分に合った金融機関を選ぶことがおすすめです。

公的融資

公的融資とは、国や地方自治体が行う住宅ローンのことです。公的融資の住宅ローンには、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)のフラット50やフラット35S、国土交通省の住宅ローン減税制度、都道府県や市町村の住宅購入支援制度などがあります。公的融資の住宅ローンの特徴は以下のとおりです。

メリット

金利が安定している。審査が緩い場合がある。団体信用生命保険料が安い場合がある。繰り上げ返済手数料がかからない場合がある。税制優遇や補助金などの制度が利用できる。

デメリット

金利が高い場合がある。借入金額や返済期間に制限がある場合がある。住宅の規格や条件に制限がある場合がある。

公的融資の住宅ローンは、金利や条件が安定しているため、安心感があります。また、税制優遇や補助金などの制度を利用することで、住宅ローンの返済負担を軽減することができます。公的融資の住宅ローンを利用するためには、住宅の規格や条件に注意することが大切です。

協調融資|フラット35

協調融資とは、民間の金融機関と公的機関が協力して行う住宅ローンのことです。協調融資の住宅ローンには、フラット35という制度があります。
フラット35とは、国土交通省が推進する住宅ローンの制度で、耐震性や省エネ性などの基準を満たした住宅に対して、低金利で融資を受けられるものです。

フラット35の住宅ローンは、民間の金融機関が貸し出しを行い、住宅金融支援機構が金利の補償を行います。フラット35の住宅ローンの特徴は以下のとおりです。

メリット

金利が低くて安定している。住宅ローン控除の対象となる。耐震性や省エネ性などの住宅の品質が保証される。

デメリット

借入金額や返済期間に制限がある。住宅の規格や条件に制限がある。団体信用生命保険料が高い場合がある。繰り上げ返済手数料がかかる場合がある。
フラット35の住宅ローンは、金利や住宅の品質が優れているため、安心感があります。また、住宅ローン控除の対象となるため、税制優遇を受けることができます。フラット35の住宅ローンを利用するためには、住宅の規格や条件に注意することが大切です。

住宅ローンの審査の流れ

住宅ローンを借りるには、金融機関の審査に通る必要があります。住宅ローンの審査の流れは、金融機関によって異なりますが、一般的には、以下のようなステップになります。

1.事前審査

住宅ローンの借り入れ希望額や返済期間、年収や勤務先などの基本情報を金融機関に提供し、借り入れの可否や金利などの概算を受けることができます。事前審査は、ホームページや電話などで簡単に行うことができます。事前審査は、正式な審査の結果を保証するものではありませんが、住宅ローンの借り入れの目安となります。

2.本審査

住宅ローンの申込書や収入証明書、住宅の購入契約書などの必要書類を金融機関に提出し、正式な審査を受けます。本審査では、借り入れ希望額や返済能力、住宅の価値や担保性などを総合的に判断されます。本審査の結果は、通常は1週間~2週間程度で通知されます。

3.融資決定

本審査に通った場合は、金融機関と住宅ローンの契約を結びます。契約時には、金利や返済方法、繰り上げ返済の条件などを確認することが大切です。契約後は、住宅の引き渡しや登記などの手続きを行い、住宅ローンの融資を受けます。

住宅ローンの審査の流れは、金融機関によって異なるため、事前に確認することが重要です。住宅ローンの審査に通るためには、収入や勤続年数、借入金額や返済期間などに注意することが必要です。住宅ローンの審査に関するよくある質問については、後述します。

住宅ローンを組むタイミング

住宅ローンを組むタイミングは、個人のライフスタイルや経済状況によりますが、以下のようなポイントを参考にすると良いでしょう。

住宅の価格や金利の動向

住宅の価格や金利は、市場の需給や景気などによって変動します。住宅の価格が高く、金利が低いときは、住宅ローンを組むのに有利なタイミングと言えます。

逆に、住宅の価格が低く、金利が高いときは、住宅ローンを組むのに不利なタイミングと言えます。住宅の価格や金利の動向は、ホームページや新聞などでチェックすることができます。

自己資金の準備

住宅ローンを借りるには、自己資金が必要です。自己資金とは、住宅の購入価格の一部や諸費用(登記費用や仲介手数料など)を自分で用意することです。

自己資金は、住宅の購入価格の10%~20%程度が目安とされています。自己資金が多いほど、住宅ローンの借入金額や総返済額を減らすことができます。自己資金の準備は、貯蓄や投資などで行うことができます。

収入や勤務状況

住宅ローンの審査には、収入や勤務状況が大きく影響します。収入や勤務状況が安定しているほど、住宅ローンの審査に通りやすくなります。収入や勤務状況が安定しているとは、以下のようなことです。

  • 収入が一定以上であること
  • 勤務先が安定していること
  • 勤続年数が長いこと
  • 転職や転勤の予定がないこと
  • 配偶者や連帯保証人がいること

住宅ローンを組むタイミングは、住宅の価格や金利の動向、自己資金の準備、収入や勤務状況などに注意することが重要です。住宅ローンを組むタイミングに関するよくある質問については、後述します。

住宅ローンの返済方法

住宅ローンの返済方法には、以下のようなものがあります。

元利均等返済

毎月の返済額が一定になる返済方法です。返済額は、借入金額と金利と返済期間によって決まります。元利均等返済の特徴は以下のとおりです。

メリット

毎月の返済額が一定であるため、返済計画が立てやすい。返済期間が短くなるほど、総返済額が少なくなる。

デメリット

最初のうちは、元金の返済額が少なく、金利の支払い額が多い。返済額が高くなる場合がある。
元金均等返済:毎月の元金の返済額が一定になる返済方法です。返済額は、借入金額と金利と返済期間によって決まります。元金均等返済の特徴は以下のとおりです。

元金均等返済は、返済期間が長いほど、総返済額の節約効果が高くなります。また、返済額が徐々に減っていくため、将来の収入減や支出増に備えることができます。元金均等返済を選ぶ場合は、最初のうちの返済負担に注意することが大切です。

ボーナス併用返済

毎月の返済額に加えて、ボーナス時に追加で返済する返済方法です。ボーナス併用返済の特徴は以下のとおりです。

メリット

毎月の返済額が低くなる。ボーナス時に返済することで、借入残高が減りやすい。総返済額が少なくなる。

デメリット

ボーナスが減ったり、なくなったりすると、返済が困難になる可能性がある。ボーナス時の支出に制限がかかります。

ボーナス併用返済は、毎月の返済負担を軽減することができます。また、ボーナス時に返済することで、総返済額の節約効果が高くなります。ボーナス併用返済を選ぶ場合は、ボーナスの見込みや支出計画に注意することが大切です。

住宅ローンの返済方法は、個人の収入や支出、ライフスタイルによりますが、以下のようなポイントを参考にすると良いでしょう。

返済期間が長いほど、総返済額が多くなる

返済期間を短くすることで、総返済額を減らすことができます。

返済方法を変更することも可能

返済方法を変更することで、返済負担や総返済額を調整することができます。返済方法を変更する場合は、金融機関の条件や手数料に注意することが大切です。

返済方法によっては、繰り上げ返済が有効

繰り上げ返済とは、返済予定額よりも多く返済することで、借入残高を減らし、金利の支払いを少なくすることです。繰り上げ返済をする場合は、繰り上げ返済手数料に注意することが大切です。

住宅ローンの返済方法は、自分に合ったものを選ぶことが重要です。住宅ローンの返済方法に関するよくある質問については、後述します。

住宅ローンに関するよくある質問

住宅ローンに関するよくある質問とその回答を以下に紹介します。

住宅ローンの審査に通らない人の特徴はありますか?

銀行の住宅ローン審査に通らない人の特徴は、以下のようなものがあります。

収入が不安定

収入が不安定であると、返済能力が低いと判断される可能性があります。収入が不安定であるとは、以下のようなことです。

  • 契約社員やパートタイムなどの非正規雇用である
  • 起業やフリーランスなどの自営業である
  • ボーナスや残業代などの変動収入が多い
  • 収入が年々減っている

借入金額が高すぎる

借入金額が高すぎると、返済負担が重くなる可能性があります。借入金額が高すぎるとは、以下のようなことです。

  • 住宅の購入価格が高い
  • 自己資金が少ない
  • 返済期間が長い

他の借入金が多い

他の借入金が多いと、返済能力が低いと判断される可能性があります。他の借入金が多いとは、以下のようなことです。

  • クレジットカードや消費者金融などのキャッシングやローンがある
  • 車や教育などの目的別ローンがある
  • 住宅ローン以外の不動産ローンがある

銀行の住宅ローン審査に通らない人の特徴は、収入が不安定であること、借入金額が高すぎること、他の借入金が多いことがあります。これらの特徴を改善することで、住宅ローン審査に通りやすくなる可能性があります。住宅ローン審査に通るためには、収入や支出、借入金額や返済期間などに注意することが必要です。

住宅ローンでネット銀行を選ばないほうがいい?

住宅ローンでネット銀行を選ぶデメリットは、以下のようなものがあります。

対面での相談やサポートが受けられない場合がある

ネット銀行は、インターネットや電話などでのやり取りが主となるため、対面での相談やサポートが受けられない場合があります。住宅ローンは、複雑な手続きや条件が多いため、対面での相談やサポートが必要な場合があります。

住宅の査定や担保設定に時間がかかる場合がある

ネット銀行は、住宅の査定や担保設定を外部の業者に委託する場合が多いため、時間がかかる場合があります。住宅の査定や担保設定は、住宅ローンの融資に必要な手続きの一つであり、時間がかかると住宅の引き渡しや登記などのスケジュールに影響する可能性があります。

住宅ローンでネット銀行を選ぶデメリットは、対面での相談やサポートが受けられない場合や、住宅の査定や担保設定に時間がかかる場合があります。しかし、ネット銀行には、金利が低い場合やサービスや特典が充実している場合などのメリットもあります。住宅ローンでネット銀行を選ぶかどうかは、自分のニーズや優先順位によります。

住宅ローンの借り換えとは?

住宅ローンの借り換えとは、すでに借りている住宅ローンを別の金融機関に移行することです。住宅ローンの借り換えの目的は、金利や条件を改善して、返済負担や総返済額を減らすことです。住宅ローンの借り換えの特徴は以下のとおりです。

メリット 金利が低くなる場合がある。条件が有利になる場合がある。サービスや特典が充実する場合がある。
デメリット 借り換え手数料や違約金などの費用がかかる場合がある。審査に通らない場合がある。借入残高や返済期間が増える場合がある。

住宅ローンの借り換えは、金利や条件が改善されることで、住宅ローンの返済負担や総返済額を減らすことができます。また、サービスや特典が充実することで、生活の質を向上させる効果があります。

住宅ローンの借り換えをするためには、借り換え手数料や違約金などの費用や審査に注意することが大切です。

住宅ローンの借り換えのタイミング

住宅ローンの借り換えのタイミングは、個人の経済状況や住宅ローンの状況によりますが、以下のようなポイントを参考にすると良いでしょう。

金利の差が大きい場合

住宅ローンの金利は、市場の金利や金融機関の競争状況によって変動します。借り換え先の金融機関の金利が、現在の金融機関の金利よりも大きく低い場合は、借り換えのタイミングと言えます。金利の差が大きいほど、借り換えによる総返済額の節約効果が高くなります。金利の差が0.5%以上ある場合は、借り換えを検討する価値があります。

返済期間が長い場合

住宅ローンの返済期間は、借入金額や返済額によって決まります。返済期間が長いほど、金利の支払いが多くなります。返済期間が長い場合は、借り換えによって返済期間を短縮することができます。返済期間を短縮することで、総返済額の節約効果が高くなります。返済期間が10年以上残っている場合は、借り換えを検討する価値があります。

条件やサービスが改善される場合

住宅ローンの条件やサービスは、金融機関によって異なります。借り換え先の金融機関の条件やサービスが、現在の金融機関の条件やサービスよりも有利になる場合は、借り換えのタイミングと言えます。条件やサービスが改善されるとは、以下のようなことです。

  • 繰り上げ返済手数料や団体信用生命保険料が安くなること
  • ポイントや割引券などの特典が充実すること
  • 相談やサポートが充実すること

住宅ローンの借り換えのタイミングは、金利の差が大きい場合や返済期間が長い場合や条件やサービスが改善される場合があります。しかし、借り換えには、借り換え手数料や違約金などの費用や審査が必要です。借り換えをするかどうかは、費用や審査と節約効果や利便性を総合的に判断して、自分に合った選択をすることが重要です。

不動産に関するご相談のみも大歓迎!

土地や不動産の売却に関するご相談や不動産に関するお悩みに不動産コンサルタントがお答えいたします。

お急ぎの方は、お電話での無料相談も受け付けております

03-6304-2731毎日 10:00 ~ 21:00