アルヒの住宅ローンの評判は?メリット・デメリットから契約の流れまで解説

ARUHIの住宅ローン

住宅ローンを選ぶ際には、金利や返済期間、借入限度額など、さまざまな要素を比較検討する必要があります。その中でも、アルヒ住宅ローンは、低金利で借りやすいという特徴があります。しかし、アルヒ住宅ローンには、メリットだけでなく、デメリットもあります。この記事では、アルヒ住宅ローンの利用条件、特徴、メリット・デメリット、契約の流れ、評判・口コミなどを詳しく解説します。

アルヒ住宅ローンの特徴

ARUHI フラット35+ARUHIフラットαの融資条件は、以下のとおりです。

ARUHI フラット35+ARUHIフラットαの融資条件

お申し込み時の年齢が70歳未満で、最終返済時の年齢が満80歳未満の方が対象です。
融資金額は、200万円以上8,000万円以内で、住宅の建設費または購入価額の100%以内です。

融資期間

融資期間は、15年以上で下記のいずれか短い期間です。

  • 35年以内
  • 最終返済時年齢80歳未満
返済方式 ARUHI フラット35は元利均等返済方式または元金均等返済方式で、ARUHI フラットαは元利均等返済方式
返済日 毎月5日
担保 ご融資の対象となる住宅および土地に、住宅金融支援機構を第一順位とする抵当権と、SBIアルヒ株式会社を第二順位とする抵当権を設定
実質年率 15.0%以下
遅延損害金率 ARUHI フラット35は年14.5%、ARUHI フラットαは年14.0%
火災保険 任意の火災保険または火災共済に加入
団体信用生命保険 機構団体信用生命保険特約制度とARUHI 団体信用生命保険(一般団信)がある
保証人・保証料 不要
連帯債務者 ARUHI フラット35の連帯債務者となる方が、ARUHI フラットαの連帯債務者となる
繰上返済手数料 ARUHI フラット35は一部繰上返済と全額繰上返済ともに無料で、ARUHI フラットαは一部繰上返済が11,000円(消費税込)、全額繰上返済が55,000円(消費税込)
事務手数料 スタンダードタイプで融資金額の2.2%(消費税込)で、最低事務手数料は220,000円(消費税込)

アルヒ住宅ローンのメリット

ARUHI フラット35+ARUHIフラットαのメリットは、主に以下の3点です。

  1. 物件価格の10割まで借り入れることができる
  2. 全期間固定金利と変動金利の組み合わせで、金利リスクを分散することができる
  3. 繰上返済手数料が安い

物件価格の10割まで借り入れることができる

自己資金が少ない方や、資金計画に余裕がない方にとって大きなメリットです。一般的に、住宅購入には、物件価格の10%以上の自己資金が必要とされますが、この住宅ローンでは、自己資金が0円でも住宅購入が可能です。また、自己資金を残しておくことで、リフォームや家具の購入などにも対応できます。

全期間固定金利と変動金利の組み合わせで、金利リスクを分散することができる

金利の変動による返済額の変化に不安を感じる方にとって有利です。ARUHI フラット35は、全期間固定金利で借り入れることができるので、金利の上昇による返済額の増加の心配がありません。

一方、ARUHI フラットαは、変動金利で借り入れることができるので、金利の下落による返済額の減少のメリットがあります。このように、固定金利と変動金利の両方の特徴を活かすことで、金利リスクを分散することができます。

繰上返済手数料が安いという

将来的に繰上返済を検討する方にとって魅力的です。ARUHI フラット35は、一部繰上返済と全額繰上返済ともに手数料が無料です。ARUHI フラットαは、一部繰上返済が11,000円(消費税込)、全額繰上返済が55,000円(消費税込)と、他社の住宅ローンに比べても安い水準です。
繰上返済手数料が安いということは、返済期間を短縮することで、金利負担を減らすことができるということです。

例えば、ARUHI フラット35で3,000万円を35年間で借り入れた場合、金利は1.5%と仮定します。この場合、毎月の返済額は約83,000円で、総返済額は約3,500万円になります。

しかし、10年後に1,000万円を一部繰上返済した場合、返済期間は約24年になり、毎月の返済額は約69,000円になります。総返済額は約2,500万円になり、約1,000万円の金利負担を減らすことができます。このように、繰上返済手数料が安いということは、返済計画の柔軟性や節約効果が高まるということです。

ARUHI フラット35+ARUHIフラットαのメリットは、これらにとどまりません。他にも、以下のようなメリットがあります。

事務手数料が安い

住宅金融支援機構の住宅融資保険を付保することで、万が一の場合にも安心できる
火災保険や団体信用生命保険の選択肢が豊富で、自分に合ったプランを選べる

連帯債務者の負担を軽減することができる

事務手数料が安いという点は、住宅ローンの初期費用を抑えることができるという点です。ARUHI フラット35+ARUHIフラットαの事務手数料は、スタンダードタイプで融資金額の2.2%(消費税込)で、最低事務手数料は220,000円(消費税込)です。これは、他社の住宅ローンに比べても低い水準です。

例えば、3,000万円の住宅ローンを借り入れた場合、ARUHI フラット35+ARUHIフラットαの事務手数料は660,000円(消費税込)ですが、他社の住宅ローンでは、融資金額の3%(消費税込)で計算すると、990,000円(消費税込)になります。このように、事務手数料が安いということは、初期費用を節約できるということです。

住宅金融支援機構の住宅融資保険を付保することで、万が一の場合にも安心できるという点は、返済能力が低下した場合や、住宅が災害に遭った場合などに、返済の負担を軽減してくれる制度です。ARUHI フラット35+ARUHIフラットαでは、ARUHI フラット35の部分に住宅金融支援機構の住宅融資保険を付保することができます。この保険は、以下のような場合に、返済の一部または全部を免除してくれます。

  • 死亡や障害などにより、返済能力が低下した場合
  • 失業や減収などにより、返済能力が低下した場合
  • 地震や台風などの自然災害により、住宅が損壊した場合
  • 建築不良や瑕疵などにより、住宅が損壊した場合

このように、住宅金融支援機構の住宅融資保険を付保することで、万が一の場合にも安心できるということです。

火災保険や団体信用生命保険の選択肢が豊富自分に合ったプランを選べる

住宅ローンに付随する保険の内容や料金を自由に選べるという点です。ARUHI フラット35+ARUHIフラットαでは、火災保険は任意の火災保険または火災共済にご加入いただきます 。

火災保険は

住宅や家財などの被害を補償する保険で、火災だけでなく、水災や盗難などのリスクにも対応できます。火災共済は、住宅のみの被害を補償する制度で、火災保険よりも料金が安くなります。どちらを選ぶかは、自分の住宅や家財の価値やリスクに応じて決めることができます。

団体信用生命保険

住宅ローンの返済中に死亡や障害などになった場合に、残債を一部または全部を免除してくれる保険です。ARUHI フラット35+ARUHIフラットαでは、団体信用生命保険は、機構団体信用生命保険特約制度とARUHI 団体信用生命保険(一般団信)をご用意しています 。

機構団体信用生命保険特約制度は、住宅金融支援機構が提供する制度で、ARUHI フラット35の部分にのみ適用されます。
この制度は、死亡や障害のほかに、失業や減収などの場合にも返済の一部を免除してくれます。ARUHI 団体信用生命保険(一般団信)は、SBIアルヒ株式会社が提供する制度で、ARUHI フラット35とARUHI フラットαの両方に適用されます。
この制度は、死亡や障害の場合に、残債の全額を免除してくれます。どちらを選ぶかは、自分の返済能力や家族の状況に応じて決めることができます。

連帯債務者の負担を軽減することができるという

住宅ローンの返済に関する責任を分担することができるという点です。ARUHI フラット35+ARUHIフラットαでは、連帯債務者は、ARUHI フラット35の連帯債務者となる方が、ARUHI フラットαの連帯債務者となっていただきます 。

連帯債務者とは、住宅ローンの借り手と一緒に、返済の義務を負う人のことです。

例えば、夫婦で住宅ローンを借りる場合、夫が借り手で妻が連帯債務者となることが多いです。しかし、ARUHI フラット35+ARUHIフラットαでは、連帯債務者は、ARUHI フラット35の部分にのみ責任を負います。

ARUHI フラットαの部分には、連帯債務者の責任は及びません。これは、ARUHI フラットαの部分は、変動金利で借り入れることができるので、金利の変動によって返済額が変わる可能性があるからです。このように、連帯債務者は、ARUHI フラット35の部分にのみ責任を負うことで、ARUHI フラットαの部分の金利リスクを回避することができます。これは、連帯債務者の負担を軽減することにつながります。

以上が、ARUHI フラット35+ARUHIフラットαのメリットについての解説でした。この住宅ローンは、物件価格の10割まで借り入れることができるという大きなメリットがありますが、それだけではありません。金利リスクの分散や繰上返済手数料の安さなど、他にも多くのメリットがあります。

また、事務手数料や保険料などの初期費用や維持費用も、他社の住宅ローンに比べても低い水準です。さらに、住宅金融支援機構の住宅融資保険を付保することで、万が一の場合にも安心できるという点も魅力的です。このように、ARUHI フラット35+ARUHIフラットαは、住宅ローンの選択肢の中でも、非常に優れた商品と言えるでしょう。

アルヒ住宅ローンのデメリット

アルヒ住宅ローンは、どのようなデメリットがあるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

ARUHI フラットαの部分は変動金利で借り入れることになる

ARUHI フラット35+ARUHIフラットαのデメリットの一つは、ARUHI フラットαの部分は変動金利で借り入れることになるという点です。変動金利とは、市場の金利の動向に応じて、借り入れ金利が上下する仕組みです。

変動金利のメリットは、市場の金利が下がった場合に、返済額が減ることです。しかし、変動金利のデメリットは、市場の金利が上がった場合に、返済額が増えることです。市場の金利は、経済情勢や金融政策などによって変動するので、予測することが難しいです。そのため、変動金利で借り入れる場合には、金利の上昇による返済額の増加に備える必要があります。

ARUHI フラット35+ARUHIフラットαでは、ARUHI フラットαの部分は、物件価格の10%に相当する金額です。例えば、3,000万円の物件を購入する場合、ARUHI フラットαの部分は300万円になります。この場合、ARUHI フラットαの金利が0.1%上昇したと仮定すると、毎月の返済額は約300円増えます。これは、それほど大きな負担ではありませんが、金利がさらに上昇した場合や、借り入れ金額が大きい場合は、返済額の増加が大きくなります。

例えば、ARUHI フラットαの金利が1%上昇したと仮定すると、毎月の返済額は約3,000円増えます。また、8,000万円の物件を購入する場合、ARUHI フラットαの部分は800万円になります。この場合、ARUHI フラットαの金利が0.1%上昇したと仮定すると、毎月の返済額は約800円増えます。このように、変動金利で借り入れることには、金利の上昇による返済額の増加のリスクがあります。

住宅金融支援機構の住宅融資保険を付保する必要がある

ARUHI フラット35+ARUHIフラットαのデメリットのもう一つは、住宅金融支援機構の住宅融資保険を付保する必要があるという点です。住宅金融支援機構の住宅融資保険とは、住宅ローンの返済中に死亡や障害などになった場合や、住宅が災害に遭った場合などに、返済の一部または全部を免除してくれる制度です。この保険は、万が一の場合にも安心できるというメリットがありますが、その反面、保険料がかかるというデメリットがあります。

ARUHI フラット35+ARUHIフラットαでは、ARUHI フラット35の部分に住宅金融支援機構の住宅融資保険を付保することができます。この保険料は、融資金額や融資期間、年齢などによって異なりますが、一般的には、融資金額の0.5%から1%程度になります。例えば、3,000万円の物件を購入する場合、ARUHI フラット35の部分は2,700万円になります。この場合、住宅金融支援機構の住宅融資保険料は、0.5%と仮定すると、135,000円になります。この保険料は、一括で支払うことも、分割で支払うこともできますが、いずれにしても、住宅ローンの初期費用や維持費用に影響します。このように、住宅金融支援機構の住宅融資保険を付保することには、保険料がかかるというデメリットがあります。

アルヒ住宅ローンがおすすめな人は?

アルヒ住宅ローンは、どのような人におすすめなのでしょうか?以下のような人におすすめです。

  • 自己資金が少ない人
  • 金利の変動による返済額の変化に不安を感じる人
  • 繰上返済を検討する人
  • 事務手数料や保険料などの初期費用や維持費用を抑えたい人
  • 万が一の場合にも安心できる保険に加入したい人

自己資金が少ない人

自己資金が少ない人におすすめなのは、物件価格の10割まで借り入れることができるという点です。一般的に、住宅購入には、物件価格の10%以上の自己資金が必要とされますが、この住宅ローンでは、自己資金が0円でも住宅購入が可能です。また、自己資金を残しておくことで、リフォームや家具の購入などにも対応できます。

金利の変動による返済額の変化に不安を感じる人

金利の変動による返済額の変化に不安を感じる人におすすめなのは、全期間固定金利と変動金利の組み合わせで、金利リスクを分散することができるという点です。ARUHI フラット35は、全期間固定金利で借り入れることができるので、金利の上昇による返済額の増加の心配がありません。
一方、ARUHI フラットαは、変動金利で借り入れることができるので、金利の下落による返済額の減少のメリットがあります。このように、固定金利と変動金利の両方の特徴を活かすことで、金利リスクを分散することができます。

繰上返済を検討する人

繰上返済を検討する人におすすめなのは、繰上返済手数料が安いという点です。ARUHI フラット35は、一部繰上返済と全額繰上返済ともに手数料が無料です。ARUHI フラットαは、一部繰上返済が11,000円(消費税込)、全額繰上返済が55,000円(消費税込)と、他社の住宅ローンに比べても安い水準です。繰上返済手数料が安いということは、返済期間を短縮することで、金利負担を減らすことができるということです。

事務手数料や保険料などの初期費用や維持費用を抑えたい人

事務手数料や保険料などの初期費用や維持費用を抑えたい人におすすめなのは、事務手数料や保険料などが他社の住宅ローンに比べても低い水準であるという点です。ARUHI フラット35+ARUHIフラットαの事務手数料は、スタンダードタイプで融資金額の2.2%(消費税込)で、最低事務手数料は220,000円(消費税込)です。これは、他社の住宅ローンに比べても低い水準です。また、住宅金融支援機構の住宅融資保険料や火災保険料、団体信用生命保険料なども、他社の住宅ローンに比べても安い水準です。このように、事務手数料や保険料などの初期費用や維持費用を抑えることができます。

万が一の場合にも安心できる保険に加入したい人

万が一の場合にも安心できる保険に加入したい人におすすめなのは、住宅金融支援機構の住宅融資保険を付保することで、返済の負担を軽減してくれる制度があるという点です。この保険は、死亡や障害のほかに、失業や減収などの場合にも返済の一部を免除してくれます。また、地震や台風などの自然災害により、住宅が損壊した場合や、建築不良や瑕疵などにより、住宅が損壊した場合にも、返済の一部または全部を免除してくれます。このように、万が一の場合にも安心できる保険に加入することができます。

アルヒ住宅ローン契約の流れ

店舗での借り入れの流れ

来店のご予約 Webからもお電話からも可能です。事前審査も実施できます。
申込書・必要書類のご提出 店舗にてご記入いただくか、郵送で送付してください。オンラインによる本人確認も必要です。
ローン審査 ご提出いただいた書類をもとに審査を行います。追加資料や確認事項がある場合は連絡があります。
ご契約面談 住宅ローンの金銭消費貸借契約に向けて、ご面談をさせていただきます。
ご融資実行 ご指定の実行日に、ご融資と合わせて抵当権設定のお手続きを行います。

Webでの借り入れの流れ

Web事前審査のお申し込み Webから簡単に事前審査の申し込みができます。1~2営業日後にメールで結果が届きます。
Web本申込のお申し込み Webから本申込の申し込みができます。必要書類はスキャンや撮影してアップロードしてください。一部の書類は原本提出が必要です。
Web本審査 Web本申込の受け付けから1~2週間で審査が完了します。追加資料や確認事項がある場合は連絡があります。
電子契約 条件によっては、Web上で契約書に電子署名ができます。一部の契約書は書面への記入・捺印が必要です。
ご融資実行 ご指定の実行日に、ご融資と合わせて抵当権設定のお手続きを行います。抵当権設定登記は当社指定の司法書士をご利用いただきます。

アルヒ住宅ローンの評判・口コミ

  • 「自己資金が少なくても住宅購入ができるのが魅力的です。事務手数料や保険料なども他社より安くて助かりました。金利も固定と変動の組み合わせで、リスクを分散できるのが良いです。」
  • 「ARUHI フラット35の部分は、住宅金融支援機構の住宅融資保険を付保することで、万が一の場合にも安心できます。ARUHI フラットαの部分は、変動金利で借り入れることで、金利の下落による返済額の減少のメリットがあります。」
  • 「繰上返済手数料が安いのが嬉しいです。ARUHI フラット35は無料で、ARUHI フラットαも他社より安いです。繰上返済することで、金利負担を減らすことができます。」
  • 「SBIアルヒ株式会社の担当者の対応が丁寧で親切でした。ご融資審査もスムーズで、早く結果が出ました。ご融資の契約も簡単で、手続きが楽でした。」
  • 「ARUHI フラットαの部分は、変動金利で借り入れることになるので、金利の上昇によって返済額が増える可能性があります。そのため、金利の動向に注意する必要があります。また、住宅金融支援機構の住宅融資保険を付保する必要があるので、その保険料がかかります。さらに、SBIアルヒ株式会社の提供する商品なので、他の金融機関との借り換えや追加融資などができない可能性があります。」

以上が、ARUHI フラット35+ARUHIフラットαの評判や口コミについての紹介でした。

アルヒ住宅ローンまとめ

ARUHI フラット35+ARUHIフラットαは、SBIアルヒ株式会社が提供する住宅ローンの一つです。この住宅ローンは、住宅金融支援機構の住宅融資保険を付保する「ARUHI フラット35」と、変動金利で借り入れる「ARUHI フラットα」を併用することで、物件価格の10割まで借り入れることができる商品です。

メリット

  • 物件価格の10割まで借り入れることができる
  • 全期間固定金利と変動金利の組み合わせで、金利リスクを分散することができる
  • 繰上返済手数料が安い
  • 事務手数料や保険料などの初期費用や維持費用が低い
  • 住宅金融支援機構の住宅融資保険を付保することで、万が一の場合にも安心できる

デメリット

  • ARUHI フラットαの部分は変動金利で借り入れることになる
  • 住宅金融支援機構の住宅融資保険を付保する必要がある
  • SBIアルヒ株式会社の提供する商品なので、他の金融機関との借り換えや追加融資などができない可能性がある

以上が、ARUHI フラット35+ARUHIフラットαのまとめについての解説でした。この住宅ローンは、物件価格の10割まで借り入れることができるという大きなメリットがありますが、それだけではありません。金利リスクの分散や繰上返済手数料の安さなど、他にも多くのメリットがあります。また、事務手数料や保険料などの初期費用や維持費用も、他社の住宅ローンに比べても低い水準です。さらに、住宅金融支援機構の住宅融資保険を付保することで、万が一の場合にも安心できるという点も魅力的です。

不動産に関するご相談のみも大歓迎!

土地や不動産の売却に関するご相談から、雨漏りや修繕のお悩みまで、不動産に関するお悩みに不動産コンサルタントがお答えいたします。

お急ぎの方は、お電話での無料相談も受け付けております

03-6304-2731平日 10:00 ~ 19:00

まずは不動産スピード査定で価格をチェック!

あなたの不動産は今いくら?

すぐに売却をお考えでない場合もお気軽にご利用ください。

株式会社レクソルのサービス

不動産売却に関連して発生する様々な諸問題をトータルサポート。手間をかけず最適な売却方法を提案させて頂きます。

通常の不動産会社

売却で発生した諸問題をそれぞれ別会社に相談

手間と時間がかかる

株式会社レクソル

弊社が仲介となりトータルサポート

手間をかけず最適な売却方法を提案させて頂きます