住宅ローンがあるけど引っ越したい!ローン返済中の引っ越し対処法

住宅ローン返済中の引っ越し

住宅ローン返済中にどうしても引っ越さなくてはいけなくなったという方は多いのではないでしょうか?
住宅ローンを返済中の人が引っ越す場合、どのような選択肢があるのでしょうか?この記事では、住宅ローンを返済中の人が引っ越す方法とそれぞれの場合のメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

【完全無料】不動産の0円査定

あなたの不動産は今いくら?

【カンタン1分入力】完全0円で査定スタート!

住宅ローンが残っているけど引っ越すことはできる?

基本的には住宅ローンが残っている状態で物件を売却したり賃貸に出すことはできません
一部例外的に住宅ローンを残したまま賃貸に出すことはできますが、転勤や親の介護など限定的な場合に限ります。

住宅ローンを残したまま別の物件に住むことができない理由

まず、住宅ローンは自己居住物件を購入するためのものであり、金融機関との契約に基づいています。そのため、引っ越す場合は必ず金融機関に相談する必要があります。もし無断で引っ越したり、他人に貸したりすると契約違反となり、一括返済やペナルティを求められる可能性があります。

したがって、住宅ローンが残った状態で引っ越しをするためには以下の方法が考えられます。

  • 残っている住宅ローンを完済してから引っ越す
  • 住宅ローンが残っている住宅を売却して引っ越す
  • 家を残したまま引っ越す

残っている住宅ローンを完済して引っ越す方法

住宅ローンが残っている状態で引っ越す場合、最もシンプルな方法は残っている住宅ローンを完済してから引っ越すことです。これならば、金融機関との契約を解消できるため、自由に引っ越すことができます。また、住宅ローンの利息分も節約できます。

ただし、この方法には以下のようなデメリットもあります。

  • 一括返済には大きな資金が必要であり、貯金や資産の売却などを行う必要がある場合がある
  • 一括返済には手数料がかかる場合がある
  • 一括返済後に新たな住宅ローンを組む場合、年齢や収入などの審査が厳しくなる可能性がある

したがって、この方法を選ぶ場合は、自分の資金状況や将来の計画をよく考えてから決める必要があります。また、金融機関との契約内容や返済条件を確認し、一括返済にかかる費用や手続きを把握しておくことも重要です。

住宅ローンのある家を高く売却して引っ越す方法

住宅ローンが残っている状態で引っ越す場合、もう一つの方法は住宅ローンが残っている住宅を売却して引っ越すことです。これならば、売却代金から残っている住宅ローンを返済できるため、金融機関との契約を解消できます。また、売却代金が住宅ローン残高よりも多ければ、差額分を新たな住宅購入資金や生活費に充てることができます。

ただし、この方法には以下のようなデメリットもあります。

  • 住宅市場の状況や物件の価値によっては、売却代金が住宅ローン残高よりも少なくなる場合がある(マイナス売却)
  • 売却には不動産会社の仲介手数料や税金などがかかり、費用負担が大きくなる場合がある
  • 売却までに時間がかかり、引っ越し時期に間に合わない場合がある

したがって、この方法を選ぶ場合は、自分の物件の価値や市場動向を調べてから決める必要があります。また、不動産会社との契約内容や売却にかかる費用や手続きを確認しておくことも重要です。

住宅ローンのある家を高く売るためには以下のようなポイントがあります。

  • 物件の魅力をアピールするために、清掃や修繕などのメンテナンスを行う
  • 物件の価格設定を適正に行うために、近隣の相場や査定額などを参考にする
  • 物件の販売活動を効果的に行うために、複数の不動産会社に依頼するか、インターネットなどで自己販売する

これらのポイントを実践することで、住宅ローンのある家を高く売る可能性が高まります。

住宅ローンが残っていても状況次第で引っ越しは可能

特別な事情がある場合には、住宅ローンを引き続き利用したまま引っ越しをすることが可能です。

転勤や家族の介護などやむを得ない事情がある場合

この場合、金融機関に事前に通知する必要があります。また、家族全員で引っ越す場合は、住宅ローン控除の再適用が認められる場合があります。

単身赴任の場合

この場合、配偶者や扶養親族などが元の住宅に住み続けることが条件です。住宅ローン控除は引き続き受けられます。

購入年に転任の命令等で転居した場合

この場合、その後元の住宅に戻ってくることが認められれば、住宅ローン控除の適用を受けられます。

引っ越しをする場合は、住宅ローン控除の手続きや書類の提出などが必要になります。また、賃貸や売却などをする場合は、抵当権の解除や返済条件の変更などが必要になります。引っ越しをする前には、金融機関や税務署に相談しておくことをおすすめします。

まとめ

これまで解説した通り、住宅ローンがあるけど引っ越したいという人は次の三つの方法から選ぶことができます。

  • 残っている住宅ローンを一括返済する
  • 住宅ローンが残ったまま家を売る
  • 家を残して別の場所に住む

それぞれの方法にはメリットとデメリットがあります。一括返済すると、金融機関との契約を解消できて自由に引っ越せますが、大きな資金が必要になります。家を売ると、売却代金から住宅ローンを返済できますが、市場の状況や物件の価値によっては損をする可能性があります。家を残して別の場所に住むと、住宅ローン控除を受けられる場合がありますが、金融機関や税務署に事前に相談するなど複雑な手続きが必要になる場合があります。

自分の資金状況や将来の計画、物件の価値や市場動向などを考慮して、最適な方法を選ぶようにしましょう。また、契約内容や費用や手続きなども確認しておくことが重要です。

不動産に関するご相談のみも大歓迎!

土地や不動産の売却に関するご相談や不動産に関するお悩みに不動産コンサルタントがお答えいたします。

お急ぎの方は、お電話での無料相談も受け付けております

03-6304-2731毎日 10:00 ~ 21:00