土地売却の流れ|土地を売る際にかかる費用から注意点まとめ

このページでは、土地売却に関して解説しています。

  • 土地売却前の事前準備
  • 土地売却の流れ
  • 土地売却にかかる費用と税金

さらに、特定の状況(土地を相続した場合、土地を賃貸している場合、遠方の土地の場合、共有の土地の場合など)における土地売却の注意点も詳しく解説しています。

家を売りたいと悩んでいる方へ

何も決まっていなくても大丈夫です

【カンタン1分入力】最適なプランをご提案!
いきなり費用が発生したり
強引な営業をすることは一切ございません

土地売却前の事前準備

土地を売却する場合、事前準備が非常に大切になってきます。ここでは売却前の事前準備について解説していきます。

現況の把握

まず、売却する土地の現況を把握しましょう。現況とは、土地の形状や面積、用途や地目、建ぺい率や容積率、地勢や地盤、道路や施設の接続状況などのことです。現況を把握することで、土地の価値や売却の可否を判断することができます。

現況を把握する方法は、以下のとおりです。

土地の登記簿謄本を入手する

登記簿謄本は、土地の所有者や権利関係、地番や地積などの基本情報を記載した公的な書類です。登記簿謄本は、登記所や市役所などで入手できます。

土地の測量図を入手する

測量図は、土地の形状や境界、隣接地などの詳細な情報を記載した図面です。測量図は、土地の所有者や登記所などで入手できますが、古い場合は、測量士に依頼して作成することができます。

土地の現地を確認する

土地の現地を実際に見て、土地の状態や周辺環境を確認しましょう。土地の現地には、土地の登記簿謄本や測量図などの書類を持って行くことが望ましいです。

近隣の土地相場を把握する

次に、売却する土地の近隣の土地相場を把握しましょう。土地相場とは、土地の市場価格の目安です。土地相場を把握することで、土地の査定や販売価格の設定に役立ちます。

土地相場を把握する方法は、以下のとおりです。

不動産情報サイトを利用する

不動産情報サイトは、インターネット上で土地の売買情報や相場情報を提供するサービスです。不動産情報サイトを利用することで、近隣の土地の売出価格や成約価格などを調べることができます。

不動産会社に相談する

不動産会社は、土地の売買に関する専門的な知識や経験を持つ業者です。不動産会社に相談することで、近隣の土地の相場や動向などを教えてもらうことができます。

土地の公示価格を参考にする

公示価格とは、国土交通省が毎年1月1日時点で公表する土地の価格です。公示価格は、土地の相場の基準となる価格ですが、実際の売買価格とは異なる場合があります。

土地に建物が建っている場合

売却する土地に建物が建っている場合は、以下の点に注意しましょう。

土地の価値や売却方法が変わることがある

建物がある場合は、建物の種類や構造、築年数、状態などが土地の価値に影響します。建物がない場合は、土地の用途や開発の可能性などが土地の価値に影響します。

土地の売却対象や売却費用が変わることがある

建物がある場合は、土地と建物のセットで売却することが多いですが、建物だけを売却することや、建物を解体してから売却することもできます。建物がない場合は、土地だけを売却することになります。建物の有無によって、売却にかかる税金や手数料などの費用も変わります。

土地の売却にかかる時間や手間が変わることがある

建物がある場合は、建物の調査や査定、清掃や整理などの作業が必要になります。建物がない場合は、土地の調査や査定などの作業が必要になります。

土地に住宅ローンが残っている場合

売却する土地に住宅ローンが残っている場合は、以下の点に注意しましょう。

土地の売却によって得た所得で住宅ローンを完済することが必要

住宅ローンの残高が売却代金よりも多い場合は、差額を自己資金で補うことが必要です。

土地の売却によって得た所得に対して所得税や住民税などの税金が発生することがある

税金の計算や納付は、確定申告を行うことで行います。

土地の売却によって住宅ローン控除の適用が終了することがある

住宅ローン控除とは、住宅ローンの利息の一部を所得税や住民税から控除できる制度です。住宅ローン控除の適用が終了する場合は、税務署に届出を行うことが必要です。

土地を相続した場合

売却する土地を相続した場合は、以下の点に注意しましょう。

土地の所有権を登記することが必要

所有権の登記には、相続証明書や戸籍謄本などの書類が必要です。所有権の登記は、司法書士に依頼することができます。

土地の評価額に対して相続税が発生することがある

相続税は、相続した財産の価値に応じて納める税金です。相続税の計算や納付は、確定申告を行うことで行います。

譲渡所得が発生することがある

譲渡所得とは、土地の売却によって得た利益のことです。譲渡所得に対して所得税や住民税などの税金が発生することがあります。税金の計算や納付は、確定申告を行うことで行います。

土地の売却に関する権利や義務が相続人間で分割されることがある

分割された場合は、土地の売却には全ての相続人の同意が必要になります。同意が得られない場合は、裁判所に分割協議を申し立てることができます。

土地を賃貸している場合

売却する土地を賃貸している場合は、以下の点に注意しましょう。

土地の売却によって賃貸契約が終了することがある

賃貸契約が終了する場合は、賃借人に対して契約解除の通知を行うことが必要です。通知の方法や期間は、賃貸契約によって異なります。

土地の売却によって賃貸収入が減少することがある

賃貸収入が減少する場合は、生活費や税金などの支出に影響が出ることがあります。支出の計画や調整を行うことが重要です。

土地の売却によって賃借人の権利や義務が買い手に移転することがある

移転する場合は、賃借人と買い手の間で引き継ぎの手続きを行うことが必要です。引き継ぎの手続きには、賃貸契約書や領収書などの書類が必要です。

遠方の土地の場合

売却する土地が遠方にある場合は、以下の点に注意しましょう。

土地の現地を確認することが困難なことがある

現地を確認することが困難な場合は、不動産会社や知人などに現地の状況を報告してもらうことができます。

土地の売却に関する書類や金銭のやり取りを郵送や振込などで行うことが多い

郵送や振込などでやり取りを行う場合は、書類や金銭の送受信の確認や保管を行うことが重要です。

土地の売却に関する手続きや交渉を不動産会社や司法書士などに代行してもらうことができる

代行してもらう場合は、委任状や委任契約などの書類を作成することが必要です。

共有の土地の場合

売却する土地が共有の土地の場合は、以下の点に注意しましょう。

共有の土地の場合は、土地の所有権が複数の共有者に分割されていることを意味する

共有の土地の売却には、全ての共有者の同意が必要になります。同意が得られない場合は、裁判所に分割協議を申し立てることができます。

土地の売却によって得た所得や支払った費用が共有者間で分配されることがある

分配される場合は、共有者間で分配の方法や割合を決めることが必要です。

土地の売却によって共有関係が解消されることがある

共有関係が解消される場合は、共有者間で引き続き連絡や協力を行うことが望ましいです。

土地売却の流れ

土地を売却するときには、以下の流れに沿って進めることが一般的です。

査定をする

まず、土地の価値を知るために、不動産会社に査定を依頼しましょう。査定とは、土地の立地や形状、面積、用途、周辺環境などの条件に基づいて、土地の市場価格を評価することです。

査定を依頼するときには、以下の点に注意しましょう。

土地査定時の注意点

  • 複数の不動産会社に査定を依頼することで、土地の価値を客観的に把握できます。
  • 査定は無料で行われることが多いですが、有料の場合もあります。事前に確認しておきましょう。
  • 査定はあくまで目安であり、実際の売却価格とは異なる場合があります。

販売価格を決める

査定結果をもとに、土地の販売価格を決めましょう。販売価格は、土地の需要と供給のバランスによって変動します。 また、販売価格は、売却期間や交渉の余地にも影響します。

販売価格を決めるときには、以下の点に注意しましょう。

販売価格を決める際の注意点

  • 販売価格は、査定価格よりも高く設定することが多いです。これは、買い手との交渉に備えるためです。
  • 販売価格は、市場の動向や競合物件の価格に応じて、適宜調整することが必要です。
  • 販売価格は、税金や手数料などの売却費用を考慮して、最終的な利益を見積もることが重要です。

媒介契約を結ぶ

販売価格が決まったら、不動産会社と媒介契約を結びましょう。媒介契約とは、不動産会社に土地の販売を依頼する契約です。媒介契約には、以下の種類があります。

媒介契約の種類

専属専任媒介契約 一つの不動産会社だけに販売を依頼する契約です。不動産会社は、販売活動に専念することができますが、販売機会が限られる可能性があります。
専任媒介契約 一つの不動産会社だけに販売を依頼する契約ですが、自分で買い手を見つけることができます。不動産会社は、販売活動に責任を持つことができますが、自己販売の場合は、手数料が発生しないことがあります。
一般媒介契約 複数の不動産会社に販売を依頼する契約です。販売機会が広がることができますが、不動産会社は、販売活動に熱心でないことがあります。

媒介契約を結ぶときには、以下の点に注意しましょう。

媒介契約時の注意点

  • 媒介契約には、契約期間や手数料率、販売条件などの内容が記載されます。契約内容は、よく確認しておきましょう。
  • 媒介契約は、原則として、期間満了まで解約できません。解約する場合は、違約金や損害賠償などの費用が発生することがあります。
  • 媒介契約は、不動産会社との信頼関係が重要です。不動産会社の実績や評判、対応などを参考にして、適切な不動産会社を選びましょう。

販売活動

媒介契約が結ばれたら、不動産会社が販売活動を開始します。販売活動には、以下のようなものがあります。

販売活動の内容

広告掲載 インターネットや新聞、雑誌などの媒体に土地の情報を掲載します。
看板設置 土地の前に販売中の看板を設置します。
一括査定サービス 複数の不動産会社に一度に査定を依頼するサービスです。買い手候補の不動産会社を見つけることができます。
買い手候補の紹介 不動産会社が自社の顧客や他社の顧客に土地の情報を紹介します。
内覧会の開催 買い手候補に土地の現地を見せる機会を設けます。
交渉の仲介:買い手候補との価格や条件などの交渉を仲介します。

販売活動を行うときには、以下の点に注意しましょう。

販売活動時の注意点

  • 販売活動は、不動産会社に任せることができますが、自分でも積極的に協力することが望ましいです。
  • 販売活動は、土地の魅力や特徴をアピールすることが重要です。土地の写真や説明文などは、できるだけ鮮明で分かりやすくしましょう。
  • 販売活動は、買い手候補のニーズや疑問に応えることが重要です。土地の情報や書類などは、迅速に提供しましょう。

売買契約

買い手候補との交渉がまとまったら、売買契約を結びましょう。売買契約とは、土地の売買に関する権利と義務を定める契約です。売買契約には、以下の内容が記載されます。

  • 売買対象物の特定
  • 売買代金の決定
  • 売買代金の支払い方法と時期
  • 土地の引き渡し方法と時期
  • 土地の瑕疵担保責任の有無と範囲
  • 土地の登記の手続きと費用の負担
  • 売買契約の解除や違約の場合の対応
  • 売買契約に関する特約事項

売買契約を結ぶときには、以下の点に注意しましょう。

売買契約締結時の注意点

  • 売買契約は、不動産会社や司法書士などの専門家の立会いのもとで行います。契約内容は、よく確認しておきましょう。
  • 売買契約は、原則として、契約書に署名捺印した時点で成立します。契約成立後は、解約や変更ができないことがあります。
  • 売買契約は、売買代金の一部を手付金として支払うことが多いです。手付金は、売買契約の成立と履行の証拠となります。

土地の引き渡し

売買契約に基づいて、土地の引き渡しを行いましょう。土地の引き渡しとは、土地の所有権と占有権を買い手に移転することです。土地の引き渡しには、以下の手続きが必要です。

土地の引き渡しの手続き

土地の登記 土地の所有権を買い手に移転するために、登記所に登記申請を行います。登記申請には、売買契約書や印鑑証明書などの書類が必要です。登記申請は、司法書士に依頼することができます。
土地の明渡し 土地の占有権を買い手に移転するために、土地の現地を買い手に引き渡します。引き渡しの際には、土地の状態や境界などを確認し、引き渡し証明書に署名捺印します。
売買代金の決済 土地の引き渡しと同時に、売買代金の残額を支払います。支払い方法は、売買契約によって異なりますが、銀行振込や小切手などが一般的です。

土地の引き渡しを行うときには、以下の点に注意しましょう。

土地の引き渡し時の注意点

  • 土地の引き渡しは、売買契約に定められた期日までに行うことが必要です。期日を過ぎると、遅延損害金や契約解除などのリスクが発生することがあります。
  • 土地の引き渡しは、不動産会社や司法書士などの専門家の立会いのもとで行います。引き渡しの際には、書類や金銭のやり取りを確実に行いましょう。
  • 土地の引き渡しは、土地の所有権と占有権の移転を完了することを意味します。引き渡し後は、土地に関する権利や義務は、買い手に移転します。

確定申告

土地の売却によって、所得税や住民税などの税金が発生することがあります。税金の計算や納付は、確定申告を行うことで行います。確定申告とは、売却した年の翌年の2月から3月にかけて、税務署に申告書を提出することです。

確定申告を行うときには、以下の点に注意しましょう。

確定申告の注意点

  • 確定申告は、土地の売却によって所得が発生した場合に行うことが必要です。所得が発生しなかった場合や、源泉徴収された場合は、行う必要がありません。
  • 確定申告は、土地の売却に関する収入や支出などの情報を記入することが必要です。記入には、売買契約書や領収書などの書類が必要です。
  • 確定申告は、税金の計算や納付の方法を選択することができます。税金の計算には、譲渡所得税や特別控除などの制度があります。税金の納付には、一括納付や分割納付などの方法があります。

土地売却にかかる費用と税金

土地を売却するときには、以下の費用や税金が発生することがあります。

売却に必ずかかる費用・税金

印紙税 売買契約書に貼る印紙の代金です。売買代金の0.4%が目安です。
登録免許税 土地の所有権移転の登記にかかる税金です。売買代金の2%が目安です。
不動産会社の手数料 土地の売却を依頼した不動産会社に支払う報酬です。売買代金の3%+6万円+消費税が目安です。
司法書士の報酬 土地の登記の手続きを依頼した司法書士に支払う報酬です。売買代金の0.3%が目安です。
譲渡所得税 土地の売却によって得た利益にかかる税金です。所得税と住民税の合計で、所得に応じて5%から45%が目安です。

ケースによってはかかる費用

測量費用 土地の形状や境界を測定する費用です。測量図が古い場合やない場合にかかります。測量費用は、土地の面積や形状によって異なりますが、10万円から30万円が目安です。
解体費用 土地に建物がある場合に、建物を解体する費用です。解体費用は、建物の種類や規模によって異なりますが、100万円から300万円が目安です。
清掃費用 土地にゴミや草木などがある場合に、清掃する費用です。清掃費用は、土地の状態によって異なりますが、10万円から50万円が目安です。
遅延損害金 土地の引き渡しに遅れた場合に、買い手に支払う損害賠償です。遅延損害金は、売買契約によって異なりますが、売買代金の14%に相当する金額が目安です。

売却にかかる税金を節約する方法

特別控除を利用する

土地の売却によって得た譲渡所得に対して、特定の条件を満たす場合に、一定額を控除できる制度です。特別控除には、住宅ローン控除や住み替え控除などがあります。

譲渡損失を繰り越す

土地の売却によって損失が発生した場合に、その損失を翌年以降の譲渡所得から差し引くことができる制度です。譲渡損失の繰り越しは、3年間有効です。

譲渡所得の分離課税を選択する

土地の売却によって得た譲渡所得に対して、所得全体の税率ではなく、一律の税率で課税することができる制度です。分離課税の税率は、所得に応じて15%から55%が目安です。

土地売却活動の種類と注意点

土地を売却するときには、土地の状況や目的に応じて、以下のような売却活動の種類があります。

家が建っている土地を売却

家が建っている土地を売却する場合は、以下の点に注意しましょう。

家が建っている土地の売却方法

大きく分けて、家と土地のセットで売却する方法と、家を解体してから土地だけを売却する方法があります。どちらの方法を選ぶかは、家の種類や構造、築年数、状態などによって異なりますが、一般的には、家が新しくて魅力的な場合は、セットで売却する方が有利です。家が古くて魅力がない場合は、解体してから売却する方が有利です。

家が建っている土地の売却費用

家がない場合と比べて、高くなることがあります。家と土地のセットで売却する場合は、家の調査や査定、清掃や整理などの費用がかかります。家を解体してから売却する場合は、解体費用や処分費用などがかかります。また、家が建っている土地の売却によって得た所得に対して、譲渡所得税や住宅ローン控除の終了などの税金が発生することがあります。

家が建っている土地の売却にかかる時間

家がない場合と比べて、長くなることがあります。家と土地のセットで売却する場合は、家の魅力や需要によって、買い手を見つけるのに時間がかかることがあります。家を解体してから売却する場合は、解体作業や登記変更などの手続きに時間がかかることがあります。

更地として売却

更地として売却する場合は、以下の点に注意しましょう。

土地の用途や開発の可能性が、土地の価値や売却方法に影響

土地の用途とは、土地が住宅用地や商業用地などに使われることを意味します。土地の開発の可能性とは、土地に建物を建てることや区画整理することができることを意味します。土地の用途や開発の可能性は、都市計画法や建築基準法などの法律や条例によって制限されることがあります。

土地の売却費用は、家が建っている場合と比べて、低くなることがある

更地として売却する場合は、家の調査や査定、清掃や整理、解体や処分などの費用がかかりません。また、更地として売却する場合は、土地の売却によって得た所得に対して、特別控除や譲渡損失の繰り越しなどの税金の節約方法が利用できることがあります。

土地の売却にかかる時間は、家が建っている場合と比べて、短くなることがある

更地として売却する場合は、家の魅力や需要に左右されずに、買い手を見つけることができることがあります。また、更地として売却する場合は、解体作業や登記変更などの手続きが不要なことがあります。

相続した土地を売却

相続した土地を売却する場合は、以下の点に注意しましょう。

土地の所有権を登記することが必要

所有権の登記には、相続証明書や戸籍謄本などの書類が必要です。所有権の登記は、司法書士に依頼することができます。

土地の評価額に対して相続税が発生することがある

相続税は、相続した財産の価値に応じて納める税金です。相続税の計算や納付は、確定申告を行うことで行います。

土地の売却によって譲渡所得が発生することがある

譲渡所得とは、土地の売却によって得た利益のことです。譲渡所得に対して所得税や住民税などの税金が発生することがあります。税金の計算や納付は、確定申告を行うことで行います。

相続した土地を売却する場合は、土地の売却に関する権利や義務が相続人間で分割されることがある

分割された場合は、土地の売却には全ての相続人の同意が必要になります。同意が得られない場合は、裁判所に分割協議を申し立てることができます。

共有名義の土地を売却

共有名義の土地を売却する場合は、以下の点に注意しましょう。

共有名義の土地の売却方法は、大きく分けて、共有名義のまま売却する方法と、共有名義を解消してから売却する方法があります。どちらの方法を選ぶかは、共有者の数や意向、土地の価値や需要などによって異なりますが、一般的には、共有名義のまま売却する方が簡単です。共有名義を解消してから売却する方が有利です。

共有名義の土地の売却費用は、共有者の数に応じて、高くなることがある

共有名義のまま売却する場合は、共有者全員の印紙税や登録免許税などの費用がかかります。共有名義を解消してから売却する場合は、共有名義の解消にかかる費用や税金がかかります。また、共有名義の土地の売却によって得た所得に対して、譲渡所得税や分配金の課税などの税金が発生することがあります。税金の計算や納付は、確定申告を行うことで行います。

共有名義の土地の売却にかかる時間は、共有者の数や意向によって、長くなることがある

共有名義のまま売却する場合は、共有者全員の同意や署名捺印などの手続きが必要になります。共有名義を解消してから売却する場合は、共有名義の解消や分割などの手続きが必要になります。

農地や山林を売却

農地や山林を売却する場合は、以下の点に注意しましょう。農地や山林の売却方法は、一般的な土地の売却方法と同じですが、農地法や森林法などの特別な法律によって制限されることがあります。農地法や森林法は、農地や山林の保全や利用を目的とした法律です。農地法や森林法によって、売却の対象や条件、手続きなどが定められています。

農地や山林の売却費用は、一般的な土地の売却費用と同じですが、農地法や森林法によって発生する費用が加わることがある

農地法や森林法によって発生する費用には、農地転用許可申請費用や森林整備費用などがあります。また、農地や山林の売却によって得た所得に対して、譲渡所得税や農業所得税などの税金が発生することがあります。税金の計算や納付は、確定申告を行うことで行います。

農地や山林の売却にかかる時間は、一般的な土地の売却にかかる時間と同じですが、農地法や森林法によって必要な手続きが加わることがある

農地法や森林法によって必要な手続きには、農地転用許可申請や森林整備計画の作成などがあります。これらの手続きは、農業委員会や林業委員会などの公的機関に依頼することができます。

土地売却のアドバイス

土地を売却するときには、様々な問題や困難に直面することがあります。そんなときには、不動産会社に相談することがおすすめです。不動産会社は、土地の売却に関する専門的な知識や経験を持つ業者です。不動産会社に相談することで、以下のようなメリットがあります。

土地売却で困ったら不動産会社に相談

お気軽にご相談ください

今すぐは売却を考えていないが将来的に検討しているなど、マンション売却や土地活用でお悩みならお気軽にご相談ください

お急ぎの方は、お電話での無料相談も受け付けております

03-6304-2731毎日 10:00 ~ 21:00

土地の査定や販売価格の設定をしてもらえる

土地の査定とは、土地の市場価格を評価することです。販売価格の設定とは、土地の売却における希望価格を決めることです。土地の査定や販売価格の設定は、土地の売却において重要な要素です。不動産会社に相談することで、土地の価値や相場を客観的に把握できます。

土地の販売活動や交渉を代行してもらえる

土地の販売活動とは、土地の情報を広告や看板などで宣伝することです。交渉とは、買い手候補との価格や条件などの話し合いをすることです。土地の販売活動や交渉は、土地の売却において必要な作業です。不動産会社に相談することで、販売機会を広げたり、スムーズに契約を進めたりできます。

土地の売却に関する書類や手続きをサポートしてもらえる

土地の売却に関する書類とは、売買契約書や登記簿謄本などの公的な書類です。手続きとは、売買契約や登記変更などの法的な手続きです。土地の売却に関する書類や手続きは、土地の売却において必須の要件です。不動産会社に相談することで、書類の作成や提出、手続きの申請や完了などをサポートしてもらえます。

土地が売れない場合はどうする?

土地を売却するときには、なかなか買い手が見つからないこともあります。土地が売れない場合は、以下のような対策を行うことができます。

販売価格を見直す

販売価格が高すぎると、買い手がつきにくくなります。販売価格を見直すことで、買い手の興味や需要を引き出すことができます。販売価格を見直すときには、市場の動向や競合物件の価格などを参考にして、適正な価格に設定しましょう。

販売方法を変える

販売方法とは、土地の情報をどのように伝えるかということです。販売方法を変えることで、販売機会を増やしたり、土地の魅力をアピールしたりできます。販売方法を変えるときには、インターネットや新聞、雑誌などの媒体を活用したり、写真や説明文などの内容を工夫したりしましょう。

不動産会社を変える

不動産会社とは、土地の売却を依頼した業者です。不動産会社を変えることで、販売活動や交渉の質を向上させたり、販売ネットワークを拡大させたりできます。不動産会社を変えるときには、実績や評判、対応などを参考にして、適切な不動産会社を選びましょう。

スケジュールは余裕を持って組もう

土地を売却するときには、スケジュールを余裕を持って組むことがおすすめです。スケジュールとは、土地の売却にかかる期間や期日のことです。スケジュールを余裕を持って組むことで、以下のようなメリットがあります。

土地の売却に関する作業や手続きをスムーズに行える

土地の売却に関する作業や手続きは、多くの書類や費用、時間が必要になります。スケジュールを余裕を持って組むことで、作業や手続きを計画的に行えます。

土地の売却に関するトラブルやリスクを回避できる

土地の売却に関するトラブルやリスクとは、買い手のキャンセルや契約解除、遅延損害金や損害賠償などのことです。スケジュールを余裕を持って組むことで、トラブルやリスクに対応できます。

土地の売却に関するストレスや不安を軽減できる

土地の売却に関するストレスや不安とは、買い手が見つからないことや売却価格が下がることなどのことです。スケジュールを余裕を持って組むことで、ストレスや不安を軽減できます。

まとめ

このページは、土地売却に関して詳しく解説しています。

  • 土地売却前の事前準備
  • 土地売却の流れ
  • 土地売却にかかる費用と税金
  • 土地売却活動の種類と注意点
  • 土地売却のアドバイス

特定の状況(土地を相続した場合、土地を賃貸している場合、遠方の土地の場合、共有の土地の場合など)における土地売却の注意点も詳しく解説しています。また、具体的な事前準備や売却の流れ、費用と税金、さらに特定の状況における注意点など、土地売却についても解説しています。

不動産に関するご相談のみも大歓迎!

土地や不動産の売却に関するご相談や不動産に関するお悩みに不動産コンサルタントがお答えいたします。

お急ぎの方は、お電話での無料相談も受け付けております

03-6304-2731毎日 10:00 ~ 21:00