一戸建ての査定価格はどう決まる?一軒家の売却で損をしないポイント

一戸建て住宅を売却

一戸建てを売却する際には、多くの方が不動産会社の査定を利用します。不動産会社の査定を取ることで物件のおおよその売却価格も分かりますし、取得した査定や不動産会社の対応を比較するおとで良い不動産会社を見つける事が出来ます。

しかし査定の価格は不動産会社が独自に行なっているため、不動産会社によって価格に違いがあります。そのため物件毎の査定額がどのようにして決められているか、気になる方も多いでしょう。マンションの価格であれば、チラシなどを目にする機会も多くなんとなく分かりますが、一戸建ての場合は物件によって違います。

今回の記事ではそのような一戸建て査定額の出し方について詳しく解説をしていきます。一戸建てをお待ちの方や今後一戸建てを売却する予定のある方は、ぜひご覧ください。

家を売りたいと悩んでいる方へ

何も決まっていなくても大丈夫です

【カンタン1分入力】最適なプランをご提案!
いきなり費用が発生したり
強引な営業をすることは一切ございません

一戸建ての査定価格が決まるポイント

不動産の売却を考えている方は、まずは自分の物件の価値を知るために、仲介業者や不動産業者に査定を依頼することになります。しかし、査定という言葉には、実はいくつかの意味があります。一戸建ての査定で価格が決まるポイントについて、以下に説明します。

物件価格は3種類の評価方法で決まる

不動産の価格は、一般的に3種類の評価方法で算出されます。それぞれの評価方法は、以下の通りです。

市場比較法

近隣の同様の物件の売買事例や相場を参考にして、物件の価値を比較する方法です。一戸建てや土地など、個別性が強い物件に適しています。

収益還元法

物件が将来にわたって得られる収益(家賃など)を現在価値に換算して、物件の価値を評価する方法です。マンションやビルなど、収益性が高い物件に適しています。

原価法

物件の建築費や敷地費などを合計して、減耗分を差し引いて、物件の価値を評価する方法です。新築や特殊な物件に適しています。
これらの評価方法は、それぞれにメリットとデメリットがあります。また、物件の種類や状況によって、適用される評価方法が異なります。そのため、一つの評価方法だけでなく、複数の評価方法を併用して、総合的な判断をすることが重要です。

一戸建ての査定と評価額の違い

不動産の査定という言葉には、実は2つの意味があります。それぞれの意味は、以下の通りです。

査定額

仲介業者や不動産業者が、市場比較法などを用いて、物件の売却可能額を推測することです。査定額はあくまで目安であり、実際の売買契約時に必ずしもその金額で成立するとは限りません。

評価額

公認不動産鑑定士が、収益還元法などを用いて、物件の正確な価値を算出することです。評価額は鑑定書という形で発行されます。鑑定書は法的な効力がありますが、発行には費用や時間がかかります。

一戸建ての査定では、通常は査定額を依頼します。しかし、査定額は仲介業者や不動産業者によって異なる場合があります。そのため、複数の業者から査定額を取得して比較することがおすすめです。また、評価額を依頼する場合は、公認不動産鑑定士に依頼することが必要です。

土地の査定価格はどう決まる?

土地の査定価格は、市場比較法という評価方法で決まります。市場比較法とは、近隣の同様の土地の売買事例や相場を参考にして、土地の価値を比較する方法です。近隣事例は、土地の面積や形状、利用制限などが似ているものを選びます。また、近隣事例は、最新で多数あるほど信頼性が高くなります。

土地査定額が上がるポイント

土地査定額が上がるポイントは、以下の通りです。

  • 土地の面積が広い
  • 土地の形状が整っている
  • 土地の利用制限が少ない
  • 土地の周辺道路が幅員が広くて舗装されている
  • 土地の日当たり・通風・眺望が良い
  • 土地の周辺環境が充実している

これらのポイントは、土地の利便性や将来性を高める要素です。そのため、これらのポイントが多いほど、土地査定額が高くなります。

土地査定額を下げるポイント

土地査定額を下げるポイントは、以下の通りです。

  • 土地の面積が狭い
  • 土地の形状が不整形である
  • 土地の利用制限が多い
  • 土地の周辺道路が幅員が狭くて未舗装である
  • 土地の日当たり・通風・眺望が悪い
  • 土地の周辺環境に不便や不安がある

これらのポイントは、土地の利便性や将来性を低下させる要素です。そのため、これらのポイントが多いほど、土地査定額が低くなります。

建物の査定価格はどう決まる?

建物の査定価格は、原価法という評価方法で決まります。原価法とは、建物の建築費や敷地費などを合計して、減耗分を差し引いて、建物の価値を評価する方法です。減耗分とは、建物の経年劣化や損傷などによって減少した価値です。減耗分は、築年数や状態によって異なります。

建物査定額を上げるポイント

建物査定額を上げるポイントは、以下の通りです。

  • 建物面積や延床面積が広い
  • 建物の構造や設備が新しくて高品質である
  • 建物の間取りやデザインが使い勝手が良くて魅力的である
  • 建物の外観や室内がきれいで清潔である
  • 建物の改築や増築が適切に行われている

これらのポイントは、建物の居住性や快適性を高める要素です。そのため、これらのポイントが多いほど、建物査定額が高くなります。

建物査定額を下げるポイント

建物査定額を下げるポイントは、以下の通りです。

  • 建物面積や延床面積が狭い
  • 建物の構造や設備が古くて低品質である
  • 建物の間取りやデザインが使い勝手が悪くて魅力的でない
  • 建物の外観や室内が汚れていたり、傷やひびがあったりする
  • 建物の改築や増築が不適切に行われている

これらのポイントは、建物の居住性や快適性を低下させる要素です。そのため、これらのポイントが多いほど、建物査定額が低くなります。

一戸建て査定額に影響を与える3つのポイント

一戸建て査定額に影響を与える3つのポイントは、以下の通りです。

総額

一戸建て査定額は、土地と建物のそれぞれの査定価格の合計となります。しかし、単純に合計するだけではなく、総額として買主に受け入れられるかどうかも考慮する必要があります。総額が高すぎると買主からの反応が悪くなりますし、総額が低すぎると売主にとって損失になります。そのため、総額は市場動向や需要と供給のバランスに応じて調整することが重要です。

市況

一戸建て査定額は、市況によって変動します。市況とは、不動産市場全体の動向や景気状況などを指します。市況が良ければ、不動産の需要が高まり、価格も上昇します。しかし、市況が悪ければ、不動産の需要が減少し、価格も下落します。そのため、市況を把握しておくことが重要です。

住宅地の人気・知名度

一戸建て査定額は、住宅地の人気・知名度によって影響を受けます。住宅地の人気・知名度とは、その地域に住みたいと思う人や知っている人の数や程度を指します。住宅地の人気・知名度が高ければ、買主からの競争率も高まり、価格も上昇します。しかし、住宅地の人気・知名度が低ければ、買主からの競争率も低くなり、価格も下落します。そのため、住宅地の人気・知名度を高めるために、広告宣伝や口コミなどを活用することが重要です。

以上が一戸建ての査定で価格が決まるポイントです。一戸建ての査定は、土地と建物のそれぞれの価値に加えて、総額や市況や住宅地の人気・知名度なども考慮する必要があります。

家を売りたいと悩んでいる方へ

何も決まっていなくても大丈夫です

【カンタン1分入力】最適なプランをご提案!
いきなり費用が発生したり
強引な営業をすることは一切ございません

一戸建ての査定のチェックポイントと損をしないための方法

一戸建て 査定 損をしないポイント

不動産の売却を考えている方は、一戸建ての査定で損をしないために、以下の内容を知っておくと良いでしょう。

訪問査定で一戸建ての売却額の目安を把握

一戸建ての査定には、簡易査定と訪問査定の2種類があります。簡易査定は、インターネット上で物件の情報を入力すると、仲介業者や不動産業者から大まかな査定額を受け取ることができるサービスです。訪問査定は、仲介業者や不動産業者が物件を実際に見て、詳細な査定額を算出することです。

おおよその売却額は簡易査定が早い!

簡易査定は、時間や費用がかからずに、物件のおおよその売却額を知ることができます。また、複数の業者から査定額を取得することで、物件の相場や適正価格を把握することができます。しかし、簡易査定はあくまで目安であり、実際の売却額とは異なる場合があります。そのため、簡易査定だけに頼らずに、訪問査定も依頼することが重要です。

一戸建ての査定額だけで不動産会社を選ぶのはNG

訪問査定では、仲介業者や不動産業者が物件の現地調査や書類確認を行って、物件の特徴や状態を把握します。また、市場動向や需要と供給のバランスなども分析します。その結果、物件の正確な価値を反映した査定額を算出します。訪問査定は、売却額の目安となるだけでなく、仲介業者や不動産業者の対応や信頼性も判断する機会となります。そのため、一戸建ての査定額だけで不動産会社を選ぶのはNGです。査定額以外にも、販売力やサービス内容なども比較して、自分に合った業者を選ぶことが重要です。

一戸建ての査定でチェックされるポイント

一戸建ての査定では、物件自体だけでなく、土地や周辺環境などもチェックされます。一戸建ての査定でチェックされるポイントは、以下の通りです。

隣家と境界が確定されているか否か

一戸建ての土地は、隣家と境界が確定されているか否かによって、価値が変わります。境界が確定されていれば、敷地面積や形状が明確になります。しかし、境界が確定されていなければ、隣家とのトラブルや登記上の問題が発生する可能性があります。そのため、境界確定済みの土地は、境界未確定の土地よりも査定額が高くなります。

一戸建ての外観

一戸建ての外観は、物件の第一印象を決める要素です。外観がきれいであれば、買主の興味や好感度が高まります。しかし、外観が汚れていたり、傷やひびがあったりすれば、買主の不安や不満が増えます。そのため、外観が良好な物件は、外観が悪い物件よりも査定額が高くなります。

一戸建ての室内

一戸建ての室内は、物件の居住性や快適性を評価する要素です。室内が広くて明るくて清潔であれば、買主の満足度が高まります。しかし、室内が狭くて暗くて汚れていたり、水回りや設備に不具合があったりすれば、買主の不快感や不信感が増えます。そのため、室内が良好な物件は、室内が悪い物件よりも査定額が高くなります。

日当たり・通風・眺望

一戸建ての日当たり・通風・眺望は、物件の環境や景観を評価する要素です。日当たり・通風・眺望が良ければ、物件の暮らしやすさや魅力が高まります。しかし、日当たり・通風・眺望が悪ければ、物件の暗さや閉塞感や見栄えが悪くなります。そのため、日当たり・通風・眺望が良い物件は、日当たり・通風・眺望が悪い物件よりも査定額が高くなります。

騒音・振動・臭気

一戸建ての騒音・振動・臭気は、物件の快適さや健康に影響する要素です。騒音・振動・臭気が少なければ、物件の静かさや安全性が高まります。しかし、騒音・振動・臭気が多ければ、物件のストレスや危険性が増えます。そのため、騒音・振動・臭気が少ない物件は、騒音・振動・臭気が多い物件よりも査定額が高くなります。

土地の面積や地形、傾斜・擁壁の有無

一戸建ての土地の面積や地形は、物件の利便性や将来性を評価する要素です。土地の面積や地形が広くて平坦であれば、物件の使い勝手や拡張性が高まります。しかし、土地の面積や地形が狭くて起伏があったり、傾斜や擁壁があったりすれば、物件の制約や維持費用が増えます。そのため、土地の面積や地形が広くて平坦な物件は、土地の面積や地形が狭くて起伏のある物件よりも査定額を算出します。そのため、土地の面積や地形が広くて平坦な物件は、土地の面積や地形が狭くて起伏のある物件よりも査定額が高くなります。

土地の周辺道路の状況

一戸建ての土地の周辺道路の状況は、物件のアクセスや駐車場の有無を評価する要素です。土地の周辺道路が幅員が広くて舗装されていれば、物件への出入りや駐車がしやすくなります。しかし、土地の周辺道路が幅員が狭くて未舗装だったり、私道だったりすれば、物件への出入りや駐車が困難になったり、私道使用料や管理費用が発生したりします。そのため、土地の周辺道路が幅員が広くて舗装されている物件は、土地の周辺道路が幅員が狭くて未舗装の物件よりも査定額が高くなります。

周辺環境

一戸建ての周辺環境は、物件の生活利便性や安全性を評価する要素です。周辺環境には、公共施設や商業施設、学校や病院などの生活施設、公園や自然などの緑地などが含まれます。周辺環境が充実していれば、物件の暮らしやすさや魅力が高まります。しかし、周辺環境に不便や不安があれば、物件の暮らしにくさやマイナスイメージが増えます。そのため、周辺環境が充実している物件は、周辺環境に不便や不安がある物件よりも査定額が高くなります。

以上が一戸建ての査定で損をしないための方法やポイントです。一戸建ての査定は、多くの要素に影響されるため、正確かつ適切に行うことが重要です。そのため、信頼できる仲介業者や不動産業者に依頼することが必要です。

一戸建ての査定前に必ずしておこう

不動産の売却を考えている方は、一戸建ての査定前に必ずしておこうということがあります。査定前に準備をしておくことで、物件の価値を高めたり、査定のスムーズさや正確さを向上させたりすることができます。以下に、一戸建ての査定前に必ずしておこうということをまとめてみました。

掃除・片付け

一戸建ての査定前に必ずしておこうということの一つは、掃除・片付けです。掃除・片付けをすることで、物件の外観や室内の印象を良くすることができます。また、掃除・片付けをすることで、物件の状態や設備の機能性を確認しやすくすることができます。掃除・片付けをする際には、以下のポイントに注意しましょう。

  • 物件全体をきれいにする
  • 物件の隅々まで見られるようにする
  • 不要なものは処分する
  • 個人的なものはしまう
  • 気になる臭いは消す

周辺の相場価格調べる

一戸建ての査定前に必ずしておこうということの一つは、周辺の相場価格調べるです。周辺の相場価格調べることで、物件の適正価格や売却可能額を把握することができます。また、周辺の相場価格調べることで、仲介業者や不動産業者から提示される査定額を比較しやすくすることができます。周辺の相場価格調べる方法は、以下の通りです。

インターネット上で不動産情報サイトやポータルサイトなどを利用する
仲介業者や不動産業者に簡易査定や一括査定などを依頼する
公的機関や団体などが発行する不動産価格公示や路線価などを参照する

住宅ローン残高の確認

一戸建ての査定前に必ずしておこうということの一つは、住宅ローン残高の確認です。住宅ローン残高の確認をすることで、物件売却後にどれだけ手元に残るかや、追加的な費用が発生しないかなどを把握することができます。また、住宅ローン残高の確認をすることで、売却時期や条件などを検討しやすくすることができます。住宅ローン残高の確認方法は、以下の通りです。

  • 住宅ローン契約書や返済表などを確認する
  • 住宅ローン金融機関に問い合わせる
  • 住宅ローン返済シミュレーションなどを利用する

修繕履歴をメモする

一戸建ての査定前に必ずしておこうということの一つは、修繕履歴をメモするです。修繕履歴をメモすることで、物件の維持管理状況や改善点を明確にすることができます。また、修繕履歴をメモすることで、仲介業者や不動産業者に対して物件の価値や魅力をアピールすることができます。修繕履歴をメモする際には、以下のポイントに注意しましょう。

  • 修繕した箇所や内容、時期や費用などを詳しく記録する
  • 修繕に関する書類や領収書などを保管する
  • 修繕前後の写真などを用意する

アピールポイントをまとめる

一戸建ての査定前に必ずしておこうということの一つは、アピールポイントをまとめるです。アピールポイントをまとめることで、物件の特徴や魅力を強調することができます。また、アピールポイントをまとめることで、仲介業者や不動産業者に対して物件の価値や売却意欲を伝えることができます。アピールポイントをまとめる際には、以下のポイントに注意しましょう。

  • 物件の立地条件や周辺環境などの外的要因を挙げる
  • 物件の間取りや設備などの内的要因を挙げる
  • 物件の改築や増築などの付加価値を挙げる
  • 物件の思い出や感情的な価値を挙げる

以上が一戸建ての査定前に必ずしておこうということです。査定前にこれらのことをしておくことで、査定額を高めたり、売却成功率を高めたりすることができます。そのため、査定前に準備を怠らないようにしましょう。

一戸建ての査定前に回答を準備しておくべきこと

不動産の売却を考えている方は、一戸建ての査定で聞かれることを知っておくと良いでしょう。一戸建ての査定では、仲介業者や不動産業者が物件の価値や売却条件などを把握するために、以下のようなことを聞いてきます。

名義人の確認(真の所有者は誰か)

一戸建ての査定で聞かれることの一つは、名義人の確認です。名義人とは、物件の所有権を持つ人や法人のことです。名義人の確認をすることで、物件の登記簿や権利証などの書類が揃っているかや、売却に必要な同意や印鑑証明などが取得できるかなどを確認することができます。名義人が複数いる場合や、相続や離婚などによって名義変更が必要な場合は、事前に手続きを済ませておくことが重要です。

売却理由(なぜ売却するのか)

一戸建ての査定で聞かれることの一つは、売却理由です。売却理由とは、物件を売却する動機や目的のことです。売却理由を聞くことで、売主の売却意欲や緊急度などを把握することができます。また、売却理由によっては、税金や手数料などの負担が変わる場合もあります。売却理由には、以下のようなものがあります。

  • 転勤や転居などの住み替え
  • 老後や介護などの生活環境の変化
  • 資産運用や資金調達などの経済的な理由
  • 維持管理費用や固定資産税などの負担軽減
  • 近隣トラブルや自然災害などの不安解消

売却期限(いつまでに売却したいか)

一戸建ての査定で聞かれることの一つは、売却期限です。売却期限とは、物件を売却したい時期や期間のことです。売却期限を聞くことで、販売計画や価格交渉などの戦略を立てることができます。また、売却期限によっては、市況や需要と供給のバランスに影響される場合もあります。売却期限には、以下のようなものがあります。

  • 早急に売却したい(1ヶ月以内など)
  • ある程度余裕がある(3ヶ月~6ヶ月程度)
  • ゆっくり様子を見たい(1年以上)

希望売却額(いくらで売却したいか)

一戸建ての査定で聞かれることの一つは、希望売却額です。希望売却額とは、物件を売却する際に得たい金額のことです。希望売却額を聞くことで、売主の満足度や交渉余地などを把握することができます。また、希望売却額によっては、買主からの反応や成約率に影響する場合もあります。希望売却額を決める際には、以下のポイントに注意しましょう。

  • 市場価格や相場価格などの客観的なデータを参考にする
  • 物件の特徴や魅力などの付加価値を考慮する
  • 税金や手数料などの売却費用を差し引く
  • 住宅ローン残債や購入資金などの自己負担を考える

残債(いくら住宅ローンが残っているか)

一戸建ての査定で聞かれることの一つは、残債です。残債とは、物件を購入した際に借りた住宅ローンの未返済額のことです。残債を聞くことで、物件売却後にどれだけ手元に残るかや、追加的な費用が発生しないかなどを確認することができます。また、残債によっては、売却時期や条件などを検討することができます。残債を確認する方法は、以下の通りです。

  • 住宅ローン契約書や返済表などを確認する
  • 住宅ローン金融機関に問い合わせる
  • 住宅ローン返済シミュレーションなどを利用する

建物状況(雨漏りやシロアリ被害はないか)

一戸建ての査定で聞かれることの一つは、建物状況です。建物状況とは、物件の外観や室内、設備などの状態や機能性のことです。建物状況を聞くことで、物件の価値や魅力を評価することができます。また、建物状況によっては、修繕や改善が必要な場合もあります。建物状況を確認する方法は、以下の通りです。

  • 物件の現地調査や写真撮影を行う
  • 修繕履歴や領収書などの書類を提出する
  • 雨漏りやシロアリ被害などの重大な欠陥があるか否かを申告する

周辺環境(近隣トラブルはあるかetc)

一戸建ての査定で聞かれることの一つは、周辺環境です。周辺環境とは、物件の立地条件や周辺施設、近隣住民などの生活環境のことです。周辺環境を聞くことで、物件の利便性や安全性を評価することができます。また、周辺環境によっては、買主からの反応や成約率に影響する場合もあります。周辺環境を確認する方法は、以下の通りです。

  • 物件の周辺地図や写真などを見る
  • 物件の周辺施設や交通機関などの情報を調べる
  • 近隣トラブルや公害などの問題があるか否かを申告する

以上が一戸建ての査定で聞かれることまとめです。査定で聞かれることには、物件の価値や売却条件などに関するものが多くあります。そのため、査定で聞かれることには、正直かつ具体的に回答することが重要です。また、査定で聞かれることには、自分の物件の価値や魅力をアピールするチャンスでもあります。そのため、査定で聞かれることには、積極的に情報を提供することがおすすめです。

一戸建ての査定は一括査定がおすすめ

査定で損をしないためには、複数の不動産会社から査定を取ることですが、複数の不動産会社から査定を取ることは簡単ではありません。不動産会社に査定を依頼するには、不動産会社と連絡を取り図面や謄本などの資料を渡す必要があり、これを何社も行うのは大変な手間と時間がかかってしまいます。

そこでおすすめなのが不動産の一括査定サイトです。こちらのサイトを使えば、一度の依頼で複数の不動産会社へと一括で査定依頼を行うことが可能になります。依頼方法も簡単で、ネット上での質問に答えていくだけで依頼が出来るので初めての方にも使い安いです。

依頼出来る不動産会社の数が多いのも特徴で、大手の不動産会社だけでなく地元に密着している不動産会社にも査定依頼をすることが出来ます。一括査定を使えば効率良く戸建てに強い不動産会社が探せるので、査定を依頼する際にはおすすめです。

家を売りたいと悩んでいる方へ

何も決まっていなくても大丈夫です

【カンタン1分入力】最適なプランをご提案!
いきなり費用が発生したり
強引な営業をすることは一切ございません

まとめ

まとめ

この記事は、一戸建ての査定で価格が決まるポイントについて解説しています。以下に、記事の内容をまとめてみました。

  • 一戸建ての査定では、土地と建物のそれぞれの価値を評価し、その合計が物件の価格となる。
  • 物件の価格は、原価法・取引事例比較法・収益還元法などの評価方法で算出されるが、一般的には取引事例比較法が多く使われる。
  • 査定額は不動産会社の裁量によって変わるため、複数社から査定を取って比較することが重要である。
  • 一戸建ては個別性が強いため、そのエリアの一戸建てに強い不動産会社に依頼することが重要である。

一戸建てに限らず不動産を売却する際には、不動産会社の査定を取る場合が多いでしょう。査定額は近隣の取引事例などを参考にして決められるケースが多いですが、不動産会社によって価格が違います。不動産会社が売却依頼を受けやすくするために、あえて相場よりも少し高めに査定額を出す場合もあるからです。また場合によっては依頼をした不動産会社が一戸建てには詳しくないかもしれません。

特に戸建てはマンションに比べると物件の個別性が強く、査定の際にチェックする項目も多岐にわたります。そのため一戸建ての査定を依頼をする際には、複数の不動産会社に査定依頼をすることがおすすめです。複数の不動産会社から査定を取る際には、記事でも紹介した一括査定サイトの利用が便利です。

一度の依頼で複数の不動産会社の査定が取れるので比較がしやすく、また提携している不動産会社も多いので査定を比較する際には最適です。適切な査定額を知ることで、相場よりも安く売ってしまって損をしてしまうような事も防げるので、一戸建ての売却の際にはぜひ活用すると良いでしょう。

不動産に関するご相談のみも大歓迎!

土地や不動産の売却に関するご相談や不動産に関するお悩みに不動産コンサルタントがお答えいたします。

お急ぎの方は、お電話での無料相談も受け付けております

03-6304-2731毎日 10:00 ~ 21:00