古い家を売る方法とは?税金や控除についても徹底解説!

古い家を売る方法

古い家を売るにはどのような方法があるのでしょうか?
この記事では、古い家を売る方法とその注意点、費用や税金などを詳しく解説します。古い家を売る前に知っておきたい情報をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

【完全無料】不動産の一括査定

あなたの不動産は今いくら?

【カンタン1分入力】物件の住所を選択して査定依頼スタート!

古い家とは築何年から?耐震基準や耐久性などのチェックポイント

古い家を売るときには、まず自分の家がどのくらい古いのかを把握する必要があります。古い家の定義は一概には言えませんが、税法上の法定耐用年数や耐震基準などを参考にするとよいでしょう。

築何年からが古い家とされるか?

古い家の定義は、法律や不動産業界においても明確に定められているわけではありません。しかし、一般的には以下のような基準が参考になります。

税法上の法定耐用年数 固定資産税や所得税などの計算に用いられる、建物の耐用年数の目安です。木造住宅の場合は22年、鉄筋コンクリート造の場合は47年とされています。この期間を超えると、建物の価値はゼロとみなされます。
耐震基準 建築基準法によって定められた、地震に対する建物の強度や安全性の基準です。1981年以前に建てられた旧耐震基準の建物は、現在の基準に比べて耐震性が低いとされています。また、2000年以前に建てられた木造住宅は、耐力壁の面積や配置などに問題があるとされています。これらの建物は、耐震診断や補強工事を行うことが推奨されています。

これらの基準に照らし合わせると、一般的には築20年以上の家は古い家とみなされることが多いと言えるでしょう。しかし、これらはあくまで目安であり、実際の建物の状態や立地などによっても変わります。古い家の売却価格や買い手の判断に影響するのは、築年数だけではなく、耐震等級や耐久性などの品質や性能も重要です。そのため、古い家を売る際には、専門家による査定や診断を受けることがおすすめです。

古い家を持つリスクとは?放置するとどうなるのか

古い家を持っていると、様々なリスクが発生する可能性があります。特に、古い家を放置すると、以下のようなリスクが高まります。

維持費の増加

古い家を放置すると、建物の劣化や老朽化が進みます。このため、修繕や補修が必要となり、固定資産税や管理費などの維持費がかさんでいきます。放置すればするほど、その費用は増大していくことが予想されます。また、建物の状態が悪くなると、売却時にも減点されることがあります。

空き家問題の悪化

古い家を放置すると、空き家問題が悪化する可能性があります。周囲の住民や自治体からの苦情や要望が寄せられることも考えられます。空き家が増えることで、地域の住環境が悪化し、治安や景観に影響を及ぼす可能性があります。また、空き家は火災や倒壊などの災害の原因にもなります。空き家に対しては、空き家対策の特別措置法に基づいて、自治体が所有者に対して改善や撤去などの措置を求めることができます。この場合、所有者は法的な義務を負うことになります。

売却価格の低下

放置された古い家は、時間の経過とともに劣化していきます。そのため、売却価格が下がるばかりか、買い手がつかない可能性も高まります。建物の状態が悪化すればするほど、買い手が求める価値が低下します。また、古い家は市場に出回る量が多く、競合物件も多いため、売れるまでに時間がかかることもあります。売却を先延ばしにすると、さらに価格が下落するリスクがあります。

税金の増加

古い家を放置すると、相続税や贈与税などの税金の負担が増える可能性があります。空き家になっている場合や所有期間が長い場合、その土地や建物の評価額に応じて税金が課されることがあります。また、古い家を売却した場合には、譲渡所得税や住民税などの税金がかかります。これらの税金は、売却価格や所有期間、譲渡の理由などによって変わります。売却前に正確な計算を行い、適切な確定申告を行うことが重要です。

これらのリスクを踏まえると、古い家を放置することは決して望ましくありません。所有者は定期的な点検やメンテナンスを行い、必要に応じて適切な対策を講じることが重要です。また、売却を検討する際には、専門家の意見を仰ぎながら、適切なタイミングで取引を行うことが大切です。

古い家を売却する方法とは?売り方や流れ、費用や注意点

古い家を売却する方法は、さまざまありますが、どの方法を選ぶかによって、売却価格や費用、手間などが変わってきます。また、売却する際には、税金や法律などの知識も必要となります。ここでは、古い家を売却する方法とは?売り方や流れ、費用や注意点について解説します。古い家を売却する際に役立つ情報をお伝えしますので、ぜひ最後までお読みください。

そのまま売る

古い家をそのまま売る方法は、最も一般的な方法の一つです。この方法では、不動産会社に依頼して査定を受け、売却価格を決定します。その後、買い手との間で売買契約を結び、引き渡し手続きを行います。この方法では、建物の状態や立地によって売却価格が変動します。一般的には、建物の価値が高いほど、売却価格も高くなります。また、立地が良いほど、買い手の需要も高くなります。

この方法のメリットは、以下のような点にあります。

  • 建物の価値を反映した売却価格が得られる
  • 不動産会社が販売活動や手続きを代行してくれる
  • 買い手のニーズに合わせて交渉ができる

逆にデメリットは以下のような点です。

  • 建物の状態が悪いと、売却価格が下がる
  • 不動産会社に仲介手数料や広告費などの費用がかかる
  • 買い手が見つからない場合や、売却までに時間がかかる場合がある

古家付き土地として売る

建物が老朽化している場合や解体費用を節約したい場合には、古家付き土地として売る方法が選択肢となります。この方法では、建物の価値は考慮されず、土地の価値だけで売却価格が決定されます。一般的には、土地の広さや形状、立地条件などによって売却価格が変わります。また、買い手は、建物を解体して新しい建物を建てることを前提としています。

この方法のメリットは、以下のような点にあります。

  • 建物の状態に関係なく、土地の価値で売却できる
  • 解体費用や建物の維持費を節約できる
  • 建て替え目的の買い手の需要が高い

デメリットは、以下のような点にあります。

  • 建物の価値が反映されないため、売却価格が低くなる場合がある
  • 土地の価値が低い場合や、土地の形状や条件が悪い場合は、買い手が見つかりにくい
  • 建物の解体に関する責任や費用の負担が買い手に移るため、交渉が難しくなる場合がある

家を解体して売る

建物自体の価値が低い場合や解体費用を負担できない場合には、家を解体して売る方法があります。この方法では、自ら建物を解体してから土地を販売することで、買い手に建物解体の手間をかけさせずに済みます。この方法では、土地の価値だけで売却価格が決定されます。一般的には、土地の広さや形状、立地条件などによって売却価格が変わります。また、買い手は、新しい建物を建てることを前提としています。

この方法のメリットは、以下のような点にあります。

  • 建物の状態に関係なく、土地の価値で売却できる
  • 建物の解体に関する責任や費用の負担がなくなる
  • 建て替え目的の買い手の需要が高い

デメリットは、以下のような点です。

  • 建物の価値が反映されないため、売却価格が低くなる場合がある
  • 土地の価値が低い場合や、土地の形状や条件が悪い場合は、買い手が見つかりにくい
  • 解体費用や解体に関する手続きがかかる

買取を利用して売る

不動産会社や不動産投資会社などが、古い家を買い取る買取サービスを提供しています。この方法では、不動産会社などが直接古い家を買い取り、売却価格を支払います。この方法では、売却価格は市場価格よりも低くなることが多いですが、スムーズに売却することができます。

この方法のメリットは、以下のような点にあります。

  • すぐに売却できる
  • 不動産会社などが手続きや費用を代行してくれる
  • 買い手を探す必要がない

この方法のデメリットは、以下のような点にあります。

  • 売却価格が市場価格よりも低くなる
  • 買い取り条件や契約内容に注意が必要
  • 買い取り後の建物の利用や処分に関する責任や権利がなくなる

一部をリフォームして売る

古い家の一部をリフォームして価値を高め、その部分だけを売却する方法もあります。この方法では、キッチンやバスルームなどの水回りや、外壁や屋根などの外観を改善することで、売却価格を上げることができます。この方法では、リフォームした部分の価値と土地の価値で売却価格が決定されます。

この方法のメリットは、以下のような点にあります。

  • 建物の価値を反映した売却価格が得られる
  • リフォームによって、買い手のニーズに合わせることができる
  • リフォームによって、建物の性能や耐久性を向上させることができる

この方法のデメリットは、以下のような点にあります。

  • フォームに費用や手間がかかる
  • リフォームの効果が売却価格に反映されない場合がある
  • リフォームに関する許可や手続きが必要な場合がある

隣人に売る

時には、隣人や近隣の人に直接売却することもあります。この方法では、不動産会社や広告などを介さずに、直接買い手と交渉することができます。この方法では、売却価格は買い手との話し合いによって決まります。

この方法のメリットは、以下のような点にあります。

  • 手続きや手間を減らすことができる
  • 仲介手数料や広告費などの費用がかからない
  • 地域の人々との信頼関係がある

ただしこの方法のデメリットは、以下のような点にあります。

  • 買い手が限られる
  • 売却価格が市場価格よりも低くなる場合がある
  • 交渉や契約に関する知識やスキルが必要

以上の方法の中から、家の状態や立地、売却目的、期間などに合わせて適切な方法を選択しましょう。
また、各方法には費用や手間、リスクが異なるため、不動産会社や専門家と相談しながら検討することが重要です。

古い家を売る時の買い手候補とは?需要や傾向、探し方

古い家を売るときには、どのような人が買い手候補となるのでしょうか。古い家には、それぞれに魅力や特徴があります。そのため、古い家を購入する人も、さまざまな目的やニーズを持っています。ここでは、古い家を売る時の買い手候補とその特徴、探し方について解説します。

買い手候補とその特徴

古い家を購入する人は、大きく分けて以下の3つのタイプに分類できます。

自己居住目的の人

自己居住目的の人は、家を新たな住居として購入する人々です。主に、生活環境や立地条件、家族構成などに基づいて家を選ぶ傾向があります。古い家を購入する際には、リノベーションやリフォームを通じて自分好みの住空間に変えることを望むことが多いです。自己居住目的の人にとって、古い家の魅力は、以下のような点にあります。

  • 新築よりも安く購入できる
  • 築年数が経っている分、土地の広さや建物の間取りがゆったりしている
  • 古い家には歴史や個性がある
  • リノベーションやリフォームで自分の好みにカスタマイズできる

投資目的の人

投資目的の人は、不動産を資産として保有することを目的としています。彼らは、将来的なキャピタルゲインや賃貸収入を期待して古い家を購入します。購入時には、将来的な需要や市場動向、周辺のインフラ整備などを考慮しています。投資目的の人にとってのメリットは以下の通りです。

  • 新築よりも安く購入できる
  • 土地の価値が上昇する可能性がある
  • 賃貸需要があるエリアであれば、安定した収入が得られる

建て替え目的の人

建て替え目的の人は、古い家を解体して新しい建物を建てることを目指しています。彼らは、古い建物の土地価値を活かし、新しい住宅や商業施設などを建てることで利益を追求します。建て替えが目的の人には以下の点がメリットになります。

  • 新築よりも安く購入できる
  • 好きな建物を建てることができる
  • 土地の価値が上昇する可能性がある
  • 節税効果がある

買い手候補の探し方

買い手候補を探す方法はさまざまですが、以下の方法が一般的です。

不動産会社に査定依頼をする 地域に密着した不動産会社に査定依頼をすることで、買い手候補を見つけることができます。不動産会社は幅広い顧客ネットワークを持っており、効果的な販売活動を行います。
インターネットやチラシなどで広告を出す インターネットの不動産ポータルサイトや、チラシ、地域の広告などを活用して、広く買い手を募集することができます。
近隣の人に声をかける 古い家を売る際には、地域の人々に直接声をかけることも有効です。口コミや紹介によって、意外な買い手候補が見つかることもあります。

これらの方法を組み合わせて、効果的な買い手候補の探し方を検討しましょう。買い手候補の特性やニーズを理解し、適切なアプローチを行うことが成功の鍵となります。

古い家を売るとかかる税金は譲渡所得税や相続税など

古い家を売却した際には、売却益に対して税金がかかります。この税金は、売却価格から売却にかかった費用や購入価格などを差し引いた利益額に対して計算されます。また、古い家を相続した場合や贈与された場合にも、その価値に応じて税金がかかることがあります。ここでは、古い家を売るとかかる代表的な税金について解説します。

古い家を売るとかかる代表的な税金

古い家を売却した際にかかる代表的な税金は、以下の2種類です。

譲渡所得税

譲渡所得税は、不動産を売却した際に得た所得に対して課税される税金です。この税金は、売却益に対して課税されます。売却益とは、売却価格から売却にかかった費用や購入価格などを差し引いた利益額のことです。売却益は、一般的に総合課税され、所得税と住民税の対象となります。 -譲渡所得税の税率は、売却益の金額や所有期間によって異なります。所有期間が5年未満の場合は、売却益の39.6%が課税されます。所有期間が5年以上の場合は、売却益の20.315%が課税されます。ただし、一定の条件を満たす場合には、非課税や特別控除の措置が受けられることがあります。詳しくは、後述の「古い家を売るときに使えるお得な税制優遇措置とは?」をご覧ください。

住民税

住民税は、市町村と都道府県に対して納める税金です。この税金は、所得税と同様に、売却益に対して課税されます。住民税の税率は、市町村と都道府県によって異なりますが、一般的には、売却益の10%程度が課税されます。住民税は、所得税と同時に確定申告を行うことで納付することができます。

古い家を相続した場合や贈与された場合にかかる代表的な税金は、以下の2種類です。

相続税

相続税は、死亡した人が残した財産を相続した場合に、その価値に応じて課税される税金です。この税金は、相続財産の価値に基づいて計算されます。相続財産の価値とは、死亡時点での財産の評価額のことです。相続税の税率は、相続財産の価値や相続人の数によって異なりますが、一般的には、10%から55%の範囲で課税されます。ただし、一定の条件を満たす場合には、非課税や特例の措置が受けられることがあります。詳しくは、後述の「古い家を売るときに使えるお得な税制優遇措置とは?」をご覧ください。

贈与税

贈与税は、生きている人が他の人に財産を贈与した場合に、その価値に応じて課税される税金です。この税金は、贈与された資産の価値に基づいて計算されます。贈与された資産の価値とは、贈与時点での資産の評価額のことです。贈与税の税率は、贈与された資産の価値や贈与者と受贈者の関係によって異なりますが、一般的には、10%から55%の範囲で課税されます。ただし、一定の条件を満たす場合には、非課税や特例の措置が受けられることがあります。詳しくは、後述の「古い家を売るときに使えるお得な税制優遇措置とは?」をご覧ください。

確定申告と計算方法

これらの税金は、売却価格や所有期間、譲渡の理由などによって変わります。売却前に正確な計算を行い、適切な確定申告を行うことが重要です。税務申告は複雑な手続きが必要ですので、不動産会社や税理士などの専門家に相談することをおすすめします。確定申告は、原則として、売却した年の翌年の2月16日から3月15日までの期間に行う必要があります。ただし、一定の条件を満たす場合には、確定申告を行わなくてもよい場合があります。例えば、売却益が非課税となる場合や、不動産会社が代理申告を行う場合などが該当します。確定申告の必要性や方法については、事前に確認することが重要です。確定申告を行う際には、以下のような書類が必要となります。

  • 売買契約書
  • 売却価格の領収書
  • 売却にかかった費用の領収書
  • 購入価格の領収書
  • 固定資産税の納税証明書
  • 不動産登記簿謄本
  • 相続税や贈与税の申告書
  • 確定申告書
  • その他必要な書類

これらの書類を用意し、税務署に提出することで、確定申告を完了することができます。確定申告を行うことで、税金の支払いや還付を行うことができます。税金の計算方法は、以下のような公式に従って行います。

譲渡所得税の計算方法

譲渡所得 = 売却価格 – 売却にかかった費用 – 購入価格 – 購入時にかかった費用 – 固定資産税などの納付額
譲渡所得税 = 譲渡所得 × 税率

相続税の計算方法

相続財産の評価額 = 死亡時点での財産の評価額
相続税 = (相続財産の評価額 – 基礎控除額 – その他の控除額) × 税率

贈与税の計算方法

贈与された資産の評価額 = 贈与時点での資産の評価額
贈与税 = (贈与された資産の評価額 – 基礎控除額 – その他の控除額) × 税率

これらの計算方法は、一般的なものであり、実際にはさまざまな条件や例外があります。そのため、正確な計算を行うには、専門家に相談することが必要です。古い家を売るときにかかる税金は、大きな負担となることがありますが、適切な申告と納付を行うことで、トラブルを避けることができます。税金の計算と申告を理解し、正しく行うことが重要です。

古い家を売る方法のまとめ

古い家を売る方法にはそれぞれメリットとデメリットがありますので、家の状態や立地、売却目的、期間などに合わせて適切な方法を選択しましょう。一人で悩まず、不動産会社や専門家と相談しながら検討することが重要です。

不動産に関するご相談のみも大歓迎!

土地や不動産の売却に関するご相談から、雨漏りや修繕のお悩みまで、不動産に関するお悩みに不動産コンサルタントがお答えいたします。

お急ぎの方は、お電話での無料相談も受け付けております

03-6304-2731平日 10:00 ~ 19:00

まずは不動産スピード査定で価格をチェック!

あなたの不動産は今いくら?

すぐに売却をお考えでない場合もお気軽にご利用ください。

株式会社レクソルのサービス

不動産売却に関連して発生する様々な諸問題をトータルサポート。手間をかけず最適な売却方法を提案させて頂きます。

通常の不動産会社

売却で発生した諸問題をそれぞれ別会社に相談

手間と時間がかかる

株式会社レクソル

弊社が仲介となりトータルサポート

手間をかけず最適な売却方法を提案させて頂きます