マンション売却査定で高く売るための流れから注意点を解説

マンション査定

この記事では、マンションを売却する際に高く早く売るためのポイントを解説しています。重要なステップとして、市場調査を行い、同エリアの中古マンションの売却相場を把握すること、一括査定を利用して売却金額を知ること、そして適切な不動産業者の選定が挙げられています。さらに、売却価格に影響を与える要素として、物件の階層、日当たり、部屋の広さなどが考慮されるべき点です。

また、売却価格から差し引かれる費用についてや不動産業者の仲介手数料や登記費用などを具体的に解説しています。最後に、マンション売却を成功させるためには、買い手の立場に立って考え、物件を魅力的にすることが重要です。

家を売りたいと悩んでいる方へ

何も決まっていなくても大丈夫です

【カンタン1分入力】最適なプランをご提案!
いきなり費用が発生したり
強引な営業をすることは一切ございません

マンション売却にかかる費用まとめ


マンション売却には、以下の費用がかかります。

1.仲介手数料

仲介手数料とは、不動産会社に売却の仲介を依頼した場合に支払う費用です。仲介手数料は、売却価格の一定割合(最大で3%+6万円+消費税)となります。

【例】3,000万円で売却した場合の仲介手数料

例えば、売却価格が3,000万円の場合、仲介手数料は最大で966,000円(3,000万円×3%+6万円×1.1)となります。仲介手数料は、売買契約成立時に支払うのが通常ですが、売却代金の一部を不動産会社に預けて、引き渡し時に精算することもできます。

2.登記費用

登記費用とは、マンションの所有権の移転登記を行う際に支払う費用です。登記費用は、登記所に支払う登録免許税と、司法書士に支払う報酬や手数料などで構成されます。登録免許税は、売却価格の0.4%(最低2万円)となります。例えば、売却価格が3,000万円の場合、登録免許税は12万円(3,000万円×0.4%)となります。司法書士の報酬や手数料は、売却価格や登記内容によって異なりますが、おおよそ5万円~10万円程度となります。登記費用は、引き渡し時に支払うのが一般的です。

3.修繕積立金の精算

修繕積立金の精算とは、マンションの共用部分の修繕や更新に備えて、管理組合が毎月徴収する修繕積立金の売却日までの分を、売主と買主で分けて支払うことです。修繕積立金の精算は、売却日までに納めた分と、売却日以降に納める分を分けて、売主が買主に返還するか、買主が売主に支払うかのいずれかになります。修繕積立金の精算は、引き渡し時に行うのが一般的です。修繕積立金の精算額は、管理組合の規約や決算書などによって異なりますが、おおよそ数万円~数十万円程度となります。

4.ローン残債の返済

ローン残債の返済とは、マンションを購入する際に借りた住宅ローンの残りの分を、売却時に一括で返済することです。ローン残債の返済は、売却代金から差し引かれることが多いです。ローン残債の返済額は、住宅ローンの契約内容や返済状況によって異なりますが、おおよそ数百万円~数千万円程度となります。ローン残債の返済には、違約金や手数料などがかかる場合もあります。

5.譲渡所得税

譲渡所得税とは、マンションを売却した際に発生する所得税のことです。譲渡所得税は、売却価格から購入価格や費用などを差し引いた譲渡所得に、所得税率(5%~45%)と住民税率(10%)をかけた額となります。例えば、売却価格が3,000万円で、購入価格が2,000万円で、費用が500万円だった場合、譲渡所得は500万円(3,000万円-2,000万円-500万円)となります。この場合、譲渡所得税は115万円(500万円×(15%+10%))となります。譲渡所得税は、翌年の確定申告時に支払うことになります。譲渡所得税には、特例や控除などがありますので、詳しくは税理士やファイナンシャルプランナーに相談しましょう。

6.その他の費用

その他の費用とは、マンション売却に伴って発生する費用のことです。その他の費用には、以下のようなものがあります。

  • 引っ越し費用
  • 清掃費用
  • 解約違約金や解約手数料
  • 住民票や印鑑証明などの書類代

その他の費用は、売却代金から差し引かれることはありませんが、自己負担となります。その他の費用は、売却状況や契約内容によって異なりますが、おおよそ数万円~数十万円程度となります。その他の費用は、事前に見積もりを取ったり、比較検討したりすることで、節約できる可能性があります。

失敗しないマンション査定のコツ


不動産を売却する際には、その価値を正確に評価することが非常に重要です。不動産査定は、売却物件の市場価値を見積もるための手続きであり、以下のステップで進行します。

マンション査定の流れ

査定の準備

まずは、査定をスムーズに進めるための準備をします。必要な書類を集め、物件の状態を確認しておくことが大切です。

査定に必要な書類
登記済権利書 物件の所有権を証明する重要な書類です。
固定資産税納税通知書 物件の評価額や税額が記載されており、査定の参考になります。
間取り図 物件の構造や面積を示し、査定において重要な情報源となります。
修繕履歴 物件の状態を示す重要な記録であり、価値評価に影響を与えます。
瑕疵の有無 物件に欠陥がある場合、それが査定価格にどのように影響するかを評価する必要があります。

査定方法の選定

1. 簡易査定(机上査定)

簡易査定は、物件に関する情報を基にして行われる査定方法で、訪問査定に比べて迅速に結果を得ることができます。しかし、物件の実際の状態を見ることなく行われるため、訪問査定よりも精度は劣る可能性があります。

2. 訪問査定(現地査定)

訪問査定では、不動産会社の担当者が物件を実際に訪れて行う査定です。物件の状態や周辺環境を直接確認するため、より正確な価格評価が可能となります。

3. 取引事例比較法

この方法では、売却対象の不動産と条件が似ている物件の成約事例を探し、その価格を基に査定額を算出します。立地条件や物件の特性を考慮して、適切な価格を見積もります2。

4. 原価法

特に新築物件や比較的新しい建物の価値を評価する際に用いられる方法です。建物の再建築費用から減価償却を差し引いて価格を算出します。

5. 収益還元法

賃貸物件など、将来的に収益を生み出すことが期待される不動産の価値を評価する方法です。予想される収益を現在価値に割り引いて査定額を求めます。

不動産査定を行う際には、これらの方法を理解し、物件の特性や市場状況に応じて最適な方法を選択することが重要です。正確な査定を行うことで、適正な価格での売却が可能となります。
不動産査定のプロセスは複雑であり、専門的な知識が必要です。査定を依頼する際には、信頼できる不動産会社や鑑定士を選ぶことが肝心です。また、複数の業者に査定を依頼し、結果を比較することで、より公正な価格を得ることができます。

査定の実施

訪問査定では、不動産会社の担当者が現地を訪れ、物件の状態や周辺環境を詳細に調査します。この際、物件の築年数、面積、立地、耐震基準への準拠、日照、眺望、管理状況などが評価のポイントとなります。

査定結果の報告

査定が完了すると、不動産会社から査定結果が報告されます。この結果は、売却価格の設定や、売却戦略を立てるための重要な情報源となります。

不動産会社の選定

査定結果を比較し、信頼できる不動産会社を選定します。その後、媒介契約を結び、売却活動を開始します。

失敗しない不動産査定のコツ

不動産査定は、売却予定の物件の市場価値を見積もる重要なプロセスです。適切な査定額を得るためには、いくつかのコツがあります。この記事では、不動産査定を成功させるためのコツをご紹介します。

1. 複数の不動産会社に査定を依頼する

一社だけではなく、複数の不動産会社に査定を依頼することで、市場価値の適正な評価を得ることができます。異なる会社からの査定結果を比較することで、物件の価値をより正確に把握することが可能です。

2. 物件の特長をアピールする

物件の良い点や特長を積極的にアピールすることで、査定額を向上させることができます。例えば、リノベーションの履歴、立地の利便性、眺望の良さなど、物件の魅力を伝えましょう。

3. 査定時期を考慮する

不動産市場は季節や経済状況によって変動します。売却するタイミングを見極めることで、より高い査定額を引き出すことが可能です。市場が活発な時期に査定を受けると、有利になることがあります。

4. 必要書類を事前に準備する

査定には、登記簿謄本や固定資産税評価証明書などの書類が必要です。これらの書類を事前に準備しておくことで、スムーズな査定が行えます。

5. 物件の整理整頓を行う

査定の際には、物件の印象が重要です。不要な物を片付け、清潔感を出すことで、査定額に好影響を与えることがあります。また、小さな修繕を行うこともプラスに働くことがあります。

不動産査定は、売却価格を左右する重要な要素です。上記のコツを活用して、物件の価値を最大限に引き出しましょう。不動産査定を成功させるためには、準備と情報収集が鍵となります。

マンション売却の流れ

1. 売却準備

売却を検討する前に、住宅ローンの残債額を確認し、一括返済や抵当権の抹消登記の手続きが必要かどうかを検討します。また、売却にかかる費用を確認し、手取り額を計算することが重要です。

2. 費用の確認

売却益が出た場合の税金を確認し、売却活動や売買契約に必要な書類を準備します。自分でマンションの相場情報を収集することもおすすめです。

3. 不動産会社の選定

マンション売却が得意な不動産会社に依頼することが望ましいです。不動産会社にはそれぞれ個性があり、売却方法には「買取」と「仲介」の2種類があります。

4. 売却活動

売出価格が決まったら、売却活動を開始します。広告や購入検討者への対応は不動産会社の仕事ですが、内覧に向けた準備は売主の責任です。

5. 売買契約

買主が見つかったら、売買契約を結びます。この際、契約不適合責任に注意し、告知書や付帯設備表を正確に作成することが大切です。

6. 引き渡しと確定申告

売買契約後、決済を行いマンションを引き渡します。その後、売却益に関する確定申告を行う必要があります。

マンションを高値で売却するための5つのポイント


マンションを高値で売却するためには、いくつかの重要なポイントがあります。これらのポイントを押さえることで、物件の魅力を最大限に引き出し、より良い条件での売却が期待できます。以下に、マンションを高値で売却するための5つのポイントを紹介します。

1.売り時を見極める

マンションの価格は、市場の需給や景気などによって変動します。売り時を見極めるには、以下の点に注意しましょう。

  • 不動産市況や金利動向をチェックする
  • 近隣の新築マンションや再開発計画に注意する

新築マンションは、同じエリアでの競合物件となります。新築マンションの価格や設備、間取りなどを調べて、自分の物件との差別化を図りましょう。
再開発計画は、エリアの価値や将来性に影響します。再開発計画の内容や進捗状況を調べて、自分の物件の魅力やメリットをアピールしましょう。

2.物件の価値を高める

マンションの価値は、物件の状態や設備にも影響されます。物件の価値を高めるには、以下の点に注意しましょう。

  • 必要な修繕やリフォームを行う
  • キッチンやバスルームなどの水回りを清潔にする
  • 収納スペースや窓の数などの利点を強調する
  • インテリアや照明などの雰囲気を良くする

3.交渉力を高める

マンションの価格は、売主と買主の交渉によって決まります。交渉力を高めるには、以下の点に注意しましょう。

  • 売却価格に余裕を持つ
  • 複数の買主候補を見つける
  • 買主のニーズや動機を把握する
  • 不動産会社と連携する

4.売却時期を調整する

マンションの価格は、売却時期にも影響されます。売却時期を調整するには、以下の点に注意しましょう。

  • 季節や年度末などの需要の高まる時期を狙う
  • 物件の特徴やターゲット層に合わせた時期を選ぶ
  • 売却期間を短くする
  • 売却計画を早めに立てる

5.税金を節税する

マンション売却には、所得税や住民税などの税金がかかります。税金を節税するには、以下の点に注意しましょう。

  • 譲渡所得の計算方法や控除額を確認する
  • 住宅ローンの残債や住み替えの費用などを差し引く
  • 住んでいた期間や売却後の居住先などによる特例を利用する
  • 税理士やファイナンシャルプランナーに相談する

マンション売却の際の注意点


マンション売却には、以下のような注意点があります。

売却理由を明確にする

マンション売却には、売却理由を明確にすることが大切です。売却理由は、買主の購入意欲や交渉力に影響します。売却理由には、以下のようなものがあります。

  • 転勤や転職などの仕事の都合
  • 家族構成やライフスタイルの変化
  • 資産運用や資金調達などの金銭的な理由
  • 環境や設備の不満や不便

売却理由を明確にすることで、買主に対して信頼感や誠実さをアピールできます。また、売却理由によっては、買主に有利な条件を提示したり、売却価格を下げたりする必要があります。そのため、売却理由を事前に考えておきましょう。

売却先を慎重に選ぶ

マンション売却には、売却先を慎重に選ぶことが重要です。売却先には、以下のようなものがあります。

  • 個人の買主
  • 法人の買主
  • 不動産会社の買取

個人の買主は、一般的に高値で売却できる可能性が高いですが、売却までに時間がかかることや、売買契約の破棄や減額などのトラブルが発生することがあります。法人の買主は、企業や投資家などが対象で、スピーディーに売却できることや、売買契約の安定性が高いことがメリットですが、個人の買主よりも低値で売却することが多いです。不動産会社の買取は、不動産会社が直接買い取ることで、最も早く売却できることや、手間やリスクが少ないことがメリットですが、個人や法人の買主よりもさらに低値で売却することがほとんどです。売却先を選ぶ際には、自分の売却目的や状況に合わせて、メリットとデメリットを比較検討しましょう。

売却後の住まいを決める

マンション売却には、売却後の住まいを決めることが必要です。売却後の住まいには、以下のようなものがあります。

  • 購入する住まい
  • 賃貸する住まい
  • 家族や親戚の住まい

購入する住まいは、売却代金の一部や住宅ローンの残債などを利用して、新たに住まいを購入することです。購入する住まいは、自分の好みやニーズに合わせて選べることや、資産として残せることがメリットですが、購入費用や維持費がかかることや、売却と購入のタイミングを合わせることが難しいことがデメリットです。

賃貸する住まいは、売却代金の一部や収入などを利用して、住まいを借りることです。賃貸する住まいは、低コストで住めることや、住み替えの自由度が高いことがメリットですが、家賃や敷金などが無駄になることや、賃貸契約の条件や更新に制限があることがデメリットです。

家族や親戚の住まいは、売却後に一時的に家族や親戚の住まいに滞在することです。家族や親戚の住まいは、費用がかからないことや、家族や親戚との交流ができることがメリットですが、プライバシーや生活スタイルに不便があることや、長期滞在には相手の了承が必要なことがデメリットです。

売却後の住まいの注意点

売却後の住まいを決める際には、以下の点に注意しましょう。

  • 予算やライフプランに合わせた住まいを選ぶ
  • 売却と住み替えのタイミングを調整する
  • 引っ越しの費用や手続きを計画する
  • 売却代金の使い道や管理を考える

売却後に少しでも得をする方法

マンション売却には、売却後に少しでも得をする方法があります。売却後に少しでも得をする方法には、以下のようなものがあります。

売却代金の有効活用

マンション売却によって得た売却代金は、有効に活用することが大切です。売却代金の有効活用には、以下のような方法があります。

  • 住宅ローンの返済や借金の返済をする
  • 資産運用や投資をする
  • 老後の備えや教育費などの貯蓄をする
  • 自分や家族の夢や趣味に使う

売却代金の有効活用には、自分の目標や優先順位に合わせて、適切なバランスを考えましょう。また、税金や手数料などのコストも考慮しましょう。

節税対策の実施

マンション売却には、節税対策の実施が有効です。節税対策の実施には、以下のような方法があります。

  • 譲渡所得の特例や控除を利用する
  • 住宅ローン控除や住民税の減免を受ける
  • 贈与税や相続税の対策をする
  • 確定申告や申告書の作成をする

節税対策の実施には、自分の売却状況や税制の変更に合わせて、最適な方法を選びましょう。また、専門家に相談することも有効です。

評価額の見直しをする

マンション売却には、評価額の見直しをすることが有効です。評価額とは、固定資産税や都市計画税などの税金の計算に使われる、物件の価値です。評価額の見直しをするには、以下のような方法があります。

  • 売却価格と評価額の差額を申告する

評価額の見直しをすることで、税金の負担を軽減できる可能性があります。評価額の見直しには、売却後の一定期間内に行う必要があります。また、評価額の見直しには、必要な書類や証拠などを用意する必要があります。

マンション売却の体験談


マンション売却の体験談は、以下のようなものです。

仲介手数料を安くした体験談

私は、東京都内の築20年のマンションを売却しました。売却価格は、3,000万円でした。私は、仲介手数料を安くするために、以下のようなことをしました。

  • 複数の不動産会社に査定依頼をしました
  • 査定額やサービス内容だけでなく、仲介手数料の交渉もしました
  • 仲介手数料の相場や競合物件の情報を調べました
  • 仲介手数料の割引率や上限額などを確認しました

結果として、仲介手数料を売却価格の2%+5万円+消費税にすることができました。これは、最大で3%+6万円+消費税の相場よりも、約10万円安くなりました。仲介手数料を安くすることで、売却代金の一部を節約できました。

リフォームで価格を上げた体験談

私は、神奈川県内の築15年のマンションを売却しました。売却価格は、2,500万円でした。私は、リフォームで価格を上げるために、以下のようなことをしました。

  • 物件の状態や設備をチェックしました
  • 買主のニーズやターゲット層を考えました
  • 必要なリフォームや修繕を選びました
  • リフォームの費用や効果を比較しました

結果として、リフォームには約100万円かかりましたが、売却価格を約200万円上げることができました。リフォームで価格を上げることで、売却代金の一部を回収できました。

売却と購入の同時進行に成功した体験談

私は、埼玉県内の築10年のマンションを売却し、東京都内の新築マンションを購入しました。売却価格は、2,800万円で、購入価格は、4,500万円でした。私は、売却と購入の同時進行に成功するために、以下のようなことをしました。

  • 売却と購入のタイミングを調整しました
  • 売却代金の一部を購入資金に充てました
  • 住宅ローンの残債を返済し、新たな住宅ローンを組みました
  • 引っ越しの手配や手続きをスムーズに行いました

結果として、売却と購入の同時進行によって、以下のようなメリットがありました。

  • 二重の住宅費や引っ越し費用を節約できました
  • 売却後の住まいに悩むことがありませんでした
  • 売却と購入の条件や交渉を有利に進めることができました
  • 念願の新築マンションに住むことができました

まとめ

この記事は、マンションを売却する際の注意点とポイントについて解説しています

市場調査 マンション売却前には、インターネットで市場調査を行うことが重要です。同エリアでの中古マンションの売却相場を知ることが大切です。
一括査定 マンションの売却一括査定を申し込むと、複数の業者から簡易査定をもらうことができます。
業者選び マンション売却の成功は、不動産業者選びで決まります。
訪問査定の前の準備 訪問査定の前に、やっておきたいことがあります。
不動産業者との契約 不動産業者と媒介契約を結びます。
内覧 マンションの売却相手に内覧してもらいます。
不動産売買契約 不動産売買契約を結びます。

以上の手順を踏むことで、期間をかけずに、納得できる金額でマンションを売却することが可能です。ただし、マンションの売却額は、同じ条件の物件でも100万円以上開きが出ることは珍しくありません。そのため、少しでも高く、そして早く売るためには、上記の手順を踏むことが重要となります。

不動産に関するご相談のみも大歓迎!

土地や不動産の売却に関するご相談や不動産に関するお悩みに不動産コンサルタントがお答えいたします。

お急ぎの方は、お電話での無料相談も受け付けております

03-6304-2731毎日 10:00 ~ 21:00